メニュー ホーム

オーバースペック

最近思うのですよ。私の環境、私の使い方から操作するときにはオーバースペックだなぁと。いやマジでマジで。

私のiMacは2017年の21.5インチモデルで、カスタマイズしてi7 3.6GHz 32GBメモリのモデルになっています。これ、パワーをフルに使うのは動画をエンコードして書き出すあたりでしょうかね。普段はBOINC(分散コンピューティング環境)に50%ほど使って自分自身で残りの50%を使うというような使い方です。

このi7は4コア8スレッドのパワーを持っていますが、自分自身でそのパワーを使いきるのは先に述べた動画エンコードのときぐらい。それも毎日ではありません。使うときには一晩がかりというようなときもありますが、月に数回です。もったいないなぁと思うこともあったり無かったり。

ただね。Windowsマシンなんかを自作するようになって、ロースペックのマシンってのはできることが限られるということも学習しました。最初、Windows10はたまにしか使わないので、Celeronでいいやということでマシンを組んだのですが、これが本当に使わなくなる。ある程度のスペックがないとそこで作業することが苦痛になるんですね。今ではCeleronからi5に変わりましたからね。

Appleさんの場合は、特に後からパワーアップできるのはほとんどありません。今度出たMacProは別ですけどね。そうなると一定程度のスペックがないとツールとして使えない。どのマシンを選ぶのかは難しい。少なくとも、3段階のスペックモデルがあったとしたら、真ん中のモデルを選択するのがなんとなく無難な気がするんです。事実、私はそうしてiMacを選択したんですね。

普段使いとしてはオーバースペック。しかし、動画をエンコードしたりするのはこのぐらいのスペックがないとダメですね。難しいところではありますが、私はこのMacを選んで良かったと思ってます。

オーバースペックですけどねw


幸福は徳の褒賞ではなくて、徳そのものである。

スピノザ「倫理学」

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:ノン・カテゴリ

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください