macOS 10.15(Catalina) に期待するところ

秋に macOS 10.15(Catalina) がリリースされます。数年前まで、デベロッパー契約をして新 OS をβの段階から試していたのですが、やめちゃいました。なので先日の WWDC で発表されたことを中心に、期待するところを書いてみようと思います。

Sidecar 機能

本家である Apple がサードパーティーのアイデアを取り入れた形の Sidecar 機能。機能強化著しい iPad を Mac のセカンドディスプレイにしてしまう機能ですが、ちょっと思うところはありますけど期待しています。 Mac を使っていて、ディスプレイにタッチしようとは思わないのですが、機能が追加されたことでそういう使い方をするようになるかもしれませんね。 Mac 本体にタッチ機能がついてくることもこれからは考えられます。

さてどうなるでしょう。

rootless の強化

System Integrity Protection :システム整合性保護機能が強化されるそうです。期待するところと言うより、懸念材料に思わないではないのですが、これによってより強固なシステムになるというのは間違いないと思います。

system がリードオンリー属性を持って、アプリは指定されたところ以外アクセスできない。こうなるとユーティリティソフトなどがかなり影響を受けそうです。私はユーティリティソフトをあまり使っていないので、さほど影響はないと思いますが、どうでしょう。

iTunes 分割

一部のマスコミが iTunes がなくなる。とセンセーショナルに報道したことで誤解を生じているようですが、実際にはなくなるのではなく、分割されるというのが正しいですね。日本では必ずしも活発とは言えない Podcast が独立したアプリになるのは、米国での人気によるものですが、動画・音楽・ iPhone との同期という 3 要素がそれぞれ分割されるわけですね。

その中でも Finder が受け持つことになる iPhone との同期機能は注目しています。元々は iPod の音楽同期を受け持っていた iTunes が、発展系の iPhone との同期を司っていたのは、歴史を考えればわかるところです。しかし機能的には疑問符がつきますね。 Finder が受け持つのが良いのか悪いのか微妙なところなのですが、ファイルを取り扱う Finder ということなのでしょう。

私は動画も Podcast もあまり iPhone で使いません。音楽だけはかなりの頻度で使っているのでその機能がどうなるのか、注目しています。

ウィンドウマネージャー機能の強化

現在の Mojave でも冒頭の写真のような使い方、 Split view のような使い方ができるのですが、それが強化されるようです。

参照( macOS 10.15 Catalina ではウィンドウマネージャ機能が強化され、緑のフルスクリーンボタンのホバーでフルスクリーンや Split View 化が可能に。 | AAPL Ch. )

しかし、これも iPad で先行実装していた機能ですね。 iPad の方も機能強化していますが、追随する形で macOS にも来てますね。便利な機能であればどんなものでもウエルカムです。実際に使ってみないと園編わかりませんので秋のリリースが楽しみです。


草を咲かせてそしててふちよをあそばせて

種田山頭火

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください