MacBook Air(2018) 購入

なんと、高いから購入しないといっていた MacBook Air を購入してしまいました。新品で購入するという暴挙。財布が厳しい!

そもそも持ち歩き専用ならそれほどのパワーは必要ない。ということで、旧 MacBook(2009) を使っていたわけですが、今回は中古ではなく新品。出たばっかりの新機種。いやぁ、何考えているんでしょう。

とりあえず今、 MBA で入力しています。ちょこちょこトラックパットに手が触れていると思うんですが、ちゃんとキャンセルしてくれています。頭いいですね。キーボードの打鍵感はずいぶん変わりました。ペタペタした感じといったらいいんでしょうか。正直好きではないのですが、なれるのも早いです。今はまぁいいかな。という感じですね。

最新機種を購入して、持ち歩き専用。などといってる場合ではなく、持ち歩かないときでもそれなりに使わないともったいない。ということで、 iMac のサブディスプレイを MBA と共用のサブディスプレイにして使い倒してやろう計画が進行中です。軽くて小さくて持ち歩きしやすいという特徴は、据え置き型としてはちょっと欠点になってしまいます。毎日会社に持ち込むことが出来れば、使い勝手もいいのでしょうが、仕事の都合で個人のパソコンは持ち込み禁止。持ち歩いて休み時間に使う分にはいいのかもしれませんが、現実的ではありません。

小物としては、 USB-C VGA 変換コネクタを買いました。これで、今あるディスプレイをサブにすることが出来ます。 iMac のサブディスプレイを共用するので、切替機も注文中です。これで据え置き型としては、いちおう OK かと思ってます。

持ち歩くときのスリーブも欲しいな。いろんなタイプがあるんですね。新型の MBA は以前のものと比べると若干サイズが違うのかもしれませんが、 design 的には枯れていますので、旧型のスリーブも合致すると思われます。これは実際に手に取って確認したいので、店頭で見てみます。

新規購入の暴挙に舞い上がっています。仲間からは「欲望に正直」だと言われたりして。全くですね。使い倒してやろうと思っています。


目の前にある現実だけを見て、幸福だとか不幸だとかを判断してはいけない。その時は不幸だと思っていたことが、後で考えてみると、より大きな幸福のために必要だったということがよくあるの。

フジ子・へミング

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください