MacBook君が壊れた

Peppermint OSを入れて使っていたMacBook君が壊れました。昨日に続いて壊れたシリーズですが、マジです。モバイル端末考えなきゃなぁ。

MacBook君(2009)が起動しません。充電出来ません。無理矢理起動したらディスプレイの一部が液漏れしてます。修理して無理矢理使うのはあきらめました。古すぎるので、修理しようにも自分でということになるでしょうし、パーツを集めるのにも苦労しそうです。そもそもパーツ高いですしね。

これも中古でオークションから購入したものですが、昨日のUPSと違ってしっかり値段以上の勉強をさせて頂きました。今まで使ったことがなかったPeppermint OSを勉強させてもらいました。今はMac mini2009上にPeppermint OSが稼働しています。これもMacBook(2009)のおかげですね。

壊れてしまったのは仕方ないのですが、これからのことを考えるとちょっと困ったことになったと思っています。それほど頻度が高いわけではないのですが、外にパソコンを持ち出したいことが年に数回あります。そんなときに使うマシンがなくなってしまったことになります。年に数回ですから高級なマシンは必要ありません。ChromeBookでもいいかなと思って見ているのですが、ChromeBookは変態キーボードが多くてダメっぽいです。MacBookの現行品は高すぎて却下ですし、 Air/Proも機能的には無問題ですが、高すぎです。Windowsノートは安いものが出回っていますが、触手が伸びません。

でもやっぱりWindowsノーとかなぁ。考えています。


生命はいつでも定式を打破する。敗北は、その醜さにもかかわらず、己が復活への唯一の道であることを示すことができる。樹を創造するためには種子を腐敗にゆだねなければならない。私はこのことをよく知っている。抵抗の第一歩は、それが遅きに失した場合、いつでも敗れる。だが、それは抵抗の目覚めなのだ。おそらく一本の樹が、種子から生まれるように、それから芽を出すだろう。

サン=テグジュペリ

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください