UPS 昇天

10 月にオークションで購入した  がわずか 2 ヶ月で昇天されました。送料別 1,400 円の勉強料は高かったのか安かったのか。

今日の昼パソコンを使っていたら突然電子音が響きました。  からではないし、他に電子音を発する機器はないと思っていたので、周りを見渡しました。設置してから  とハードディスク2台をドライブしていた UPS から出ていたものでした。

バッテリーの低下で交換を促すランプがついています。もちろんバッテリー部分を交換すれば元の出力に戻るのかもしれませんが、そのバッテリーが新品の UPS ほどの価格になっています。 UPS はバッテリーが命ですから、わからなくもないのですが、それなら新品を購入しようと思っております。現在使っているのは、中古ですし最近の機種に比べると大きさも大きい。バッテリー交換よりも新品の購入に充てた方が、資金も無駄にならないだろうと思ってます。

購入を考えている UPS

画像が購入を考えている UPS ですが、まだ購入手続きはしていません。現在の UPS の下取りプログラムがありまして、それの問い合わせの返事待ちです。何にせよ、 1 度設置してしまうと何もなしだと不安というもの。さっさと結論を出したいと思っております。


音楽の演奏者や劇の俳優達は技術家である。彼らは芸術家でない。なぜといって彼らは真の「創作」をもってゐないじゃないか。

萩原朔太郎

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください