Gutenberg の記録フォーマット

mySQL への記録フォーマット

Capital P で「 Before Gutenberg – WordPress 5.0 になるまでに準備すべきこと - Capital P 」なんてエントリが上がっていて、それを読んでみると記録フォーマットの話が出ていた。  の場合、

<!-- wp:xxx --> なんちゃら <!-- /wp:xxx -->

 ってのがブロックを挟む形式ですね。  で見てみると上の画像みたいになってます。内部データがこれだけ違うと、今までのプラグインはどうするんでしょうね。私が昔から使っている「 Simple Tag 」ってのは今までのタグを抽出してくれるんですが、 Gutenberg 記事からはあまり拾ってくれない気がしてます。

逆に、データフォーマットがフラットなので、利用するのが簡単かもしれないですね。これまでのプラグインはともかく、これから出てくるプラグインには期待できると思いますね。


過去の遺産が大きい場合は、きついですね。私は過去の記事を全部削除してしまいましたのでいいんですけどね。

ボクが一番、ガンダムをうまく使えるんだ

アムロ=レイ

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください