Versa H26 PCケース

購入は少し先にしようと思っていたPCケースを購入してしまいました。今月は使いすぎだ。来月以降は節約します。選択したのはThermaltakeのversa H26このケース評判もよかったので決めました。

開封します

Versa H26

開梱した感じはこんな感じ。

最近のケースには珍しく5inchベイが2つあります。あと、購入時に全面に吸気用のファンひとつ。背面に排気用のファンがひとつ合計2つのファンがついています。右側面はアクリル製。上部・下部にパンチングメッシュになっているところがあり、吸排気が行える作りになっているようです。

今回、私は新たにファンを取り付けずにこのままの状態で運用しようと思います。配線の都合上5inchベイは取り外すことができるようですので、外すかもしれません。このケースは裏配線もできるようですので、届けば裏配線しようと思います。なんでもサイドパネルのアクリルパネルを取り付けるネジの位置がずれてしまうことがある(ゆがむのかな)。という情報もありますので、その辺も注意しながらやってみようと思います。

それでは、いったんTrueNAS SCALEの電源を落として組み込んでいってみたいと思います。

組み込み作業

ファンコネクタが足りない。SATA電源が足りない。配線が汚い。もうね、2時間かかりました。おまけにテストで電源を入れたらうんともすんとも言わない。確認したら一番時間がかかったフロントパネルコネクタが間違ってる。あの細かいコネクタを挿し直したりしたら、集中力がなくなって以後は動けばいい状態。

4台の3.5inchハードディスクは裸族のビキニを着けたままPCケースないに置いてあります。ファンをもう一台つけたいところですが、コネクタが不足しており今日のところはこれまでとします。そして、動作に支障はないのですが、HDMI出力がされません。Webインターフェースを見ることができるので問題はないのですけどね。HDMIに関してはよく分からないので、いったん忘れます。

2.5inchハードディスクを3台装着しているのですが、このうち1台の電源が足りません。分岐コネクタを注文しました。さらにフロントにあるファンコネクタを接続するところがありません。マザーボードにはシステムファンとケースファン2つのコネクタしかなく、電源側にもファンを接続するのがないことに気がついたため、これも分岐コネクタを注文しました。明日届く予定なので、明日最終的に完成することになります。

楽しいけど大変

組み込み作業は楽しいです。今回はすでに動いているシステムを移植するかたちでしたが、楽しいですね。でも大変。私は基本的に不器用なので、フロントパネルコネクタには手を焼きます。標準化してくれないですかね。標準化してくれればひとつくくりのUSBみたいになると思うんですね。そしたら一発なんですけどね。ケースによってはまとまってるヤツも見たことあるんですが、このフロントパネルコネクタはバラバラになってるタイプでした。

明日来るSATA電源とファンの分岐コネクタを取り付けて一応完成とします。500Wの電源なんですが650Wぐらいにしたいんですね。ただそれは後回し。もう一つさっきも書きましたが、ハードディスクを冷却して給気するファンともう一つ今のファンの下につけたい。今の状態だとハードディスクの上2つにしかファンの風は当たりません。当たればいいというものでもないのですが、気持ち悪いのでもう一つつけたいんです。ただこれもすぐにとは思っていません。手持ちのファンがあればつけたんですが、フロントパネルがやけに堅くて外すのを断念しました。ツメで止まっているタイプなので変に力を入れると壊れそうで怖いのです。


このケースよくできていますね。裏配線のスペースに余裕があって配線がしやすい。私のようにぶきっちょな人間でも何とか配線できますからね。もっと綺麗に配線すればいいのですが、早く復帰させたかったので汚いままです。これでもマシな方だと思ってるんですけどね。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA