メニュー ホーム

TrueNAS COREという選択肢

これまで、このブログではFreeNASというソフトのバージョンを追いかけてきました。ブログを更新しなくなってこのFreeNASも様変わりしました。ちょっと経緯を書いてみます。

FreeNASというのは、「iXsystems, Inc.」という会社が公開しているNASを作る為のOSです。正確にはOSという言い方は違うのですけど、それは後ほど述べます。で、今年に入って、FreeNASはこれ以上バージョンアップしない。今後はTrueNASに開発を一本化する。とアナウンスされました。TrueNASというのは、先に出たiXsystemsが法人向けにFreeNASを売っていくためのOSです。

何でも、法人向けに営業に行くと、FreeNASのFreeという言葉が法人には受けが悪かったのだそうです。Freeっていろんな意味がありますからね。わからないではないです。そこで、FreeNASは見限って、TrueNASという名前でやっていくとそういうことでした(かなりはしょったので、ちょっと細かいところは違うんですけどね)。

iXsystemsさんは、これまで、FreeNASを無償で公開していました。私もそれを利用させてもらっていたんですが、TrueNASになって法人向けのソリューションになったことで、フリーなソリューションがなくなってしまうのかというと、ちゃんと残してくれました。それが、TrueNAS COREです。TrueNAS CORE+専用ハード+サポートがTrueNASと言うことになるのかしら。バージョンアップのタイミングが違うので、これも厳密には違うんですね。

さて、先ほどOSとは違うと書きました。インストールすると、Webブラウザ経由で細かい設定をします。この辺、最近のNASと同じですね。TrueNAS COREの場合は、通常のPCにインストールして使います。ちょっと古くなったWindowsPCにハードディスク追加して、それをNAS化出来るんですね。

実は、FreeNASもTrueNASもベースになっているのは、FreeBSDというUNIX/Linuxです。そこに様々なソフトを付け加えて、NAS専用の高機能ソフトに仕上げてるんですね。iXsystemsは専用ハードも作っています。これが、かっこよくて欲しいのですが、日本には販路がありません。あっても売れないだろうな。マニアックすぎると思いますから。

そんなこんなで、FreeNASからTrueNAS COREに変わりました。バージョンアップのタイミングですね。私もこれまでFreeNASで運用していたシステムをTrueNASに切り替えました。サクッと切り替えてしまったので、その手順なんかは忘れてしまいましたが、簡単でした。FreeNASもバージョンアップしなければ、使えます。使えますが、バージョンアップがありませんから、やっぱりTrueNAS COREに切り替えた方がいいと思います。

NASというと、もっと簡単なものがたくさん出ていますから、わざわざいろんな手順を踏まなければならないTrueNASに切り替えましょうとは言えません。物好きな人は一緒に切り替えて楽しみましょう。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Linux Mac

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください