LIFEBOOK 購入

夜中にネットをうろうろしていると、昼間とは違う感覚になります。少なくとも私はなります。中古の富士通ノートブック(それもかなり古いヤツ)を安かったからという理由で購入してしまいました。別に取り立てて必要性はないのですが。。。

購入して、 Windows10 が入っていたのですが、そのまま使うのはなんか違う気がして別の OS を入れることにしました。一応、 Intel の i5 が搭載されているので、大抵の OS はインストールできます。まぁ Linux を入れることにしているのですが、最初に候補に挙がったのは、以前にも使ったことのある openSUSE Tumbleweed 。いやね、なんで普通に使うことが出来る通常リリース版ではなく、ローリングアップデート版を選んだかというと、単純に面白そうだったから。以前は macOS 上で Parallels を介して使っていました。なかなかいじりがいがある OS なので、 LIFEBOOK にもインストールしてみたのですが、なぜか起動しない。古い機種なんで UEFI は使えず、 BIOS 設定です。そして、 BIOS の設定はいいはずなのに、読みに行ってくれない。

実は、 2 週間以上悩みました。 CD ドライブからお試し環境を立ち上げて、そこからドライブを指定して立ち上げてやると起動します。しかし、リスタートしたりする必要がある場合はダメです。また CD からやり直しです。何がおかしいのかわからず、何度かクリーンインストールしてみたのですが、どうにもダメ。最終的にはギブアップしました。 openSUSE は断念です。

じゃ、次に候補に挙がったのは、 Linux mint の流れを汲む FerenOS というディストリビューション。全く知りませんでした。私は KDE が好きなので、 KDE を採用しているもので、面白そうなものを探していたのです。 FerenOS は以前は別の Cinnamon というデスクトップを採用していたそうですが、現在では KDE を使っているそうです。 Cinnamon も軽くていいんですけどね。

実はここでも手こずります。 openSUSE をインストールした SSD (システムが HDD というのはもう遅くていやなので、購入してすぐに手持ちの SSD に置換してあります)に上書きインストールしようとするのですが、いわゆるクリーンインストールのオプションが見当たりません。上書きインストールすると、 OS が立ち上がらないという同じ症状が出ます。このあたりで、鈍い私も起動プロセスがおかしいのだと言うことに気がつきます。クリーンインストールをソフト上で選択できないなら、ということで SSD を LIFEBOOK から外して、 macOS 上で FAT フォーマットしてやりました。これで以前の OS の痕跡はなくなったはずです。

まぁこれが bingo でした。今度はインストールも無事終わり、リスタートしてもきちんと立ち上がってくれます。たちがあってくれればコッチのもの。もともと mint の流れをくむと言うことは、 Ubuntu とも親戚関係ですので、 mint や Ubuntu の情報が役に立ちます。 SSH/VNC の設定をして、 macOS 上からもコントロール可能な状態にしました。少し離れたところに鎮座しています。

OS をいじってインストールするところまでで終わってしまっていまして、具体的に何に使うかは決まっていないというひじょーに微妙な立ち位置のマシンなのですが、これから使って行くつもりです。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください