メニュー ホーム

Google Analyticsのお勉強をしてみる(俯瞰編)

今さらと言われるかもしれませんが、これまでGoogle Analyticsというのは入れてはいましたが、活用していませんでした。というか活用の方法を知りませんでした。多くの人に見てもらうためには、私のブログにどんな情報を求めてきてくれているのかを知らないといけませんよね。お勉強です。

冒頭の写真は、まさにこの瞬間のHome画面ですが、訪れてくれるひとが1分ちょっととどまって、すぐ帰っているのがわかりますよね。私、これ自体良いのか悪いのか判断つきません。ブログなんで、先頭の一番新しい記事を読んで帰っているのは自然なような気がします。ただ、基本数が少ないですね。もっと多くの人に読んでもらいたいなぁと思います。

私のブログはパソコンから多く見られている

これも私のブログのデータですが、約6割強がパソコンからの流入になっています。これをどう捉えれば良いのかわかりませんが、先日書いたPageSpeedもこのデータを見ていたので、パソコン側を重視しました。モバイル・ファーストという言葉があるように、時代はモバイル環境の方に移りつつあると私も思っています。なので、モバイルにとって魅力が薄いのが私のサイトなのかな?

流入先

えーと、

  • Direct:ブックマークなどからの流入
  • Organic Search:Googleなどの検索エンジン経由
  • Social:Facebook/TwitterなどSNS経由で流入
  • Referral:他のサイトなどのリンクを利用して流入

こういうことのようですが、私個人的にとっても意外だったのが、Organic Searchの多さと、Referralの存在です。Organic Searchは3割弱の流入になっていますが、こんなに多いのは意外です。もっと少ないと思っていました。あえて伏せておきますが、流入ワードに関しても意外なものでした。あんまり記事書いてないんですけどね。今後の参考になりました(オイオイ)。

Referralの存在はもっと意外でして、私のブログにリンクしている人がいる。それだけでも驚きなのですが、黄色の部分4%なんですけど、それだけいるってことですよね。これ、ブログやっている人間にとっては嬉しいことです。もっとこの数字が大きくなってくれると嬉しいなぁ。

SNS経由は、Facebook/Twitterでしょうね。ブログの記事を書くとここにも書き込んでいます。大事ですね。そしてDirectの方。これも嬉しい。ブックマークやRSSなんかを見て「何書いてんだよ」という冷やかしであっても来てくれるのは嬉しいです。ホントに嬉しいですね。

さて、俯瞰編はこのぐらいにしておきますが、ちゃんとしたお勉強をするつもりです。それを踏まえての今後のこのブログの有り様みたいなものを作っていこうと。

Google Search Console(通称サチコ)も合わせて勉強したいです。一朝一夕では行かないのは承知の上。ちゃんとしますよ。


対立するものなど、決して存在しない。死といい生というも、舌を出して争いあう言葉に過ぎぬ以上、やはりお前は、お前の生命を投げ出させるものによってしか生き得ないのだ。死を拒否する者は、生命をも拒否する。お前を越えるものが何もないならば、お前が受けるものもまたない。あるとすれば、おまえ自身から受けるものに他ならない。だが、空しい鏡から何を引き出すというのか?

サン=テグジュペリ

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:blog

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください