FreeNAS11.1が壊れた

完全に私のミスなんですが、システムが壊れてしまったようです。

いつものようにUpdateを確認。Update作業に入りまして、書き込みを行っているときに電源を喪失。コンセント抜けました。通常ですと、システムはコピーを作成してそこにUpdateを適応させて、完成したところでそちらから起動する。そういうプロセスを取ります。なのでハードディスクへの書き込みもなかったし、大丈夫だろうと思っていました。再起動させてみると、エラーが表示されています。システムを入れておくUSBメモリの容量が少なくなっているというエラーでしたので、いらないシステムを削除しました。いらないと思っていたシステムを削除しました。削除しました。削除した後でシステムをリスタートしたら、なんかおかしい。

必要なシステムを削除したんじゃないかとちょっと焦りました。実は削除してなかったんですけどね。残っていたシステムに切り替えて再起動。余計におかしくなってしまいました。いやね、作業中のシステムを削除するなんてことはあり得ないんです。FreeNASほどのシステムだったらなおさら。にもかかわらず、古いシステムイメージから起動したものだから余計におかしくなってしまいました。

保存していたデータはすべてバックアップデータなので、最悪再フォーマットすることにしてUSBメモリにシステムをインストールしています。

パニックになると何をしでかすかわからないという好例ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.