FreeNASをインストール

光学ドライブを搭載していないので、USBメモリからのインストール。さらに、インストール先はUSBメモリ。と言うことで、2本のUSBメモリを用意。一本にFreeNASのホームページからダウンロードしたFreeNAS 11.0のISOをコピー。

もちろん、ただコピーするだけではダメなので、ターミナルからddコマンドを使って書き込み。この辺はたくさん情報が載ってますね。MacOSX上でISOファイルからインストールUSBディスクを作る – re:inventing the wheel なんていうBlogを参照しました。FreeNASの場合、8GのUSBメモリで十分です。

で、このUSBメモリを起動ディスクに指定して、システムを起動させます。さらに、もう一本のUSBメモリを差しておいてそこに実際のシステムを書き込みます。こちらも8GのUSBメモリでいけるらしいという情報がありましたが、16GのUSBメモリを用意しました。こちらでFreeNASのシステムが動くので余裕を持たせました。

後は後者のUSBメモリから起動させてやれば、FreeNASが起動します。

起動しますが、ConsoleにはConsole Setupの画面が出てきます。あれ? ここでGUIに変わるんじゃなかったっけ?

違います。GUIセットアップは、Webインターフェースの方でした。Console SetupにIPアドレスが表示されますので、それを別のコンピュータから見るのですね。焦りました。

さらにここで問題発生。ハードディスクはとりあえず4台入れてあったのですが、そのうち一台しか認識していないことが判明。わからないまでも怪しいのはSATA電源コード。3−1だったんです。つまり、1本のSATA電源コードに3カ所のコネクタがついているタイプ。これを別のものに交換したところ見事に認識。コードに問題があったんですかね。

そんなこんなで、インストールは無事完了。ハードディスクも4台ちゃんと認識してくれました。後は設定ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です