Parallels 用外付け SSD

内蔵 SSD の容量が切迫してきたので、容量食ってる Parallels の VM(Virtual Machine) を外付け SSD に移すことにしました。

iMac の内蔵 SSD の容量は 512GB 。ユーザーデータの大半は外付けの HDD に逃がしているので、 512GB でも問題ありませんでした。しかし、 Parallels の VM をたくさん用意してしまうと、容量がどんどん少なくなっていきます。じゃ、他のデータと同じように外付けの HDD に移せばいいかというとそう簡単ではありません。 VM は頻繁にアクセスがあるため、遅いデバイスにあると如実に実行速度に出てきます。ハードディスクでは満足いく速度は出ませんでした。

そこで、手元にあった 2.5inchSSD を安い USB-C のケースに入れて外付け SSD にしてみました。もちろん、本体内の SSD の速度には及びませんが、それでも十分な速度が出ます。冒頭の写真がその速度を測定したものです。転がっていた SSD と安物の USB-C のケースですので、規格上の速度は出ていないのですが、体感上内蔵 SSD の場合と比べると若干のもたつき感はあるものの、 OK です。これならいけます。

ちなみに、 iMac の内蔵 SSD の速度はこれ。

内蔵 SSD の速度

さすがに桁が違いますね。早いです。ちなみに USB3.0 に接続した HDD の速度はこちら。

USB3.0 のハードディスク速度

これまた桁が違います。遅い方にですが。

VM は現在 7 つ。 (Catalina では 32bit アプリケーションが起動しなくなるので、動作させるために現在のバージョンを保存 ) を含めて Linux のディストリビューションの実験用として Parallels の仮想環境を利用しています。使っていくと VM の容量は徐々に増えていきますし、実験用の VM はこれからも増えていく予定。これまでは内蔵 SSD の容量を気にして、ある程度使ったら消していました。これからはかなり保存しておける予定です。


お前たちのあの笑顔を見ることができたこと、あの笑顔は最高だったよ。あの笑顔が見られただけでも外泊期間を延ばしてよかったと思えたほどだ。心からの笑顔というものが、どれだけ人を勇気づけるかを知っていてほしい。

山崎章郎 

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください