AirPods Pro(第二世代)購入

AirPods 3rdに続いて、カナル型イヤホンを購入して使っていたのだけど、やっぱり気になるところはあるので、値段はちょっと高かったけど、AirPods Pro(第二世代)を購入してしまった。

回り道

AirPods 1st→AirPods 3rd→JVCカナル型イヤホン→AirPods Pro(2nd) 結局AirPods Proにしたわけですけど、回り道が大きいですね。JVCのは決して悪いとは思わなかったのだけど、イヤーチップが私にはジャストフィットしなかったというのがありますね。Mサイズのイヤーチップを常用していたんだけど、微妙にキツい(遮音性は高い)。Sサイズはスカスカでよろしくない。それと、AirPodsの1度ペアリングしたら、Apple製品全てにペアリングが完了というシステムがやはりよかった。JVCイヤフォンは1対1のペアリングだけですね。

AirPods Pro(2nd)はMサイズのイヤーチップがちょうどよかったです。ケースが自立してくれないのは、ご愛敬と言うことで。音質はもうちょっと低音が出ると嬉しいなぁ。今のままでも十分だけどね。イコライザなどで調整すればいいのかもしれませんね。

ペアリングは簡単・快適そしてボリューム調整

ケースの蓋を開けて、iPhoneに近づけるだけでペアリングのスタート。ペアリングが完了してしまえば、iMacともペアリングができていて、両方で使える。簡単・快適です。Apple製品はこれだからよろしい。今回のケースには、ストラップホールがついているので、適当なストラップをつけることができます。地味にポイント高いですな。

色々言われているlightningポートに関してですが、変えるなら一気に変えて欲しいですね。今lightningで充電環境統一しているので、ここにUSB-Cが入ってくると(個人的には)混乱します。

新機能というか、ボリュームの変更について。微妙な調整は本体に任せるとして、AirPods Proの軸(?)の部分をなぞることでボリュームを上げ下げできます。軸の部分といってもスイッチにもなっている平面部分をなぞることになります。これちょっと微妙です。感度が良いのか悪いのか、私がなれていないせいもあるのですが、上げたい時に上がらなかったり下げたい時に一気に下がったりとなかなか大変です。ゆっくりやるとだいぶマシなようですけどね。

(総合的な)感想

外部の音をシャットアウトしてくれる機能(ノイズキャンセリング)は実によく働いています。さすがにApple製品。他の製品との連携もバッチリで、ストレスもありません。総合的に判断すれば、控えめに言っても満足ですね。

強いて欠点を上げると、ケースが自立してくれない(丸っこくて寝かせるしかない)。ってところでしょうか。さっき書いたボリュームの上げ下げが難しいところは、使用者(私)の慣れというのもありそうなので、もう少し様子を見ます。

新機能と言えば、どこかにAirPods Proを置き忘れた時に「探す」アプリを使って当たりをつけてケースから音を出して場所を知らせる機能。こんな音が鳴ります。

カチカチ言っているのはノイズです。許して下さい。ボリュームの調整はないようですね。もう少し大きい音が欲しいところ。まぁ、目星がついているならこのぐらいの音でも気づくかな。


ストラップは手元にないので、適当なのをつけて使おうと思います。回り道したなぁ。これで打ち止めです。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA