メニュー ホーム

やっちまったかぁ!

先日購入を表明したMacPro(2009)ですが、MacPro(2006)ではないか? という話が出ております。まだ到着してない上、私が購入した人はその辺全くわかってなさそうなので、はっきりしたことがわからないのですが、最初期モデルの可能性が出てきました。

何が違うか

2006年モデルはEFIが32bit、CPUが64bit。という変態モデルです。この次のモデルからEFIも64bitになってますので、本当に特殊なモデルになります。EFIというのは、

UEFIとは、コンピュータ内の各装置を制御するファームウェアとオペレーティングシステム(OS)の間の通信仕様を定めた標準規格の一つ。従来のBIOSに代わるもの。UEFI対応ファームウェアを指してUEFIと呼ぶこともある。

UEFI(EFI)とは – IT用語辞典 e-Words

まぁわかったようなわからないような説明ではありますが、起動時に参照する部分なんですね。ここが32bit。メインの部分が64bitという整合性がとれていないシステムになってるわけです。ここで起動時というのはOSレベルの話です。アプリケーションが立ち上がるときには64bitのOSが立ち上がっているわけですから問題ありません。低レベルの起動時に参照する部分の話ですね。

もうお金も支払ってるし…

キャンセルできるわけもないので、チャレンジします。情報がないわけではないので、何とかなるでしょう。ただ、EFIの事もあるので、すんなりいくのか極めて疑問だったりします。スキルアップには最適かもしれませんね。悔しまぎれですけどね。

macOSをそのまま使おうと思えば何とかなったりするんですが、ファームウェアにバッチを当てて、Big Surとはいかないまでも、結構バージョンは上げられるようです。しかし前にも書きましたが、すでにセキュリティ・アップデートは供給されないわけで、macOSを使おうというのは危険を伴うことになります。

もう一つ、EFIが32bitだとせっかくPCIeがあるのにボードによっては対応していないことがあるそうです。迂闊に拡張基盤買わずによかった。さてイーサーネット接続どうしようか。


かえって色々考えることになって楽しみになってきました。Mなのかな?

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Linux Mac

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください