nasneのHDDは救出完了

実はいろんな問題があって、苦労した。まぁ、実は極簡単なことだったんですけどね。とりあえず、nasneのHDDは救出完了した。どうしようか考えているけど、iMacにとりあえず接続しておいた。

新しいケースでも認識できず

USB 3.0 Gen1ドライブケースである、玄人志向GW2.5-KRU3を800円強で購入。2.5inchハードディスクケースって実はピンキリでして、中華ケースだと600円台とかもある。最近の円高で多少価格は高くなっているかも知れませんけどね。玄人志向は説明書なんかはキッパリ省略して価格を下げている商品なので、潔くて好きです。品質的には「普通」だけど。

で、このケースに入れてiMacにつないだのですが、HDDが反応しません。HDD内部はスピンアップしているんですが、iMacには反応が返ってきません。おかしいなぁと思いながら、脇にあるWindowsマシンにつなげてフォーマットしてやろうとするのですが、こちらは何の問題もなくフォーマット&マウント成功。WindowsマシンでexFATでフォーマットして、iMacにつなげてみるも全く反応しません。システムがHDDを認識しません。う〜ん、なぜだろうとしばし熟考。接続を外したりまたつけたりしても、iMacはまったくHDDを認識しません。

実は簡単なことでした

ケースのLEDは点灯しますし、HDDのスピンアップも確認できます。しかし認識しません。ふと思いついたのですが、私のiMacは裏に手を伸ばすのがいやなので、USBの延長ケーブルを一本手元に伸ばしてあります。これまではそれで問題なかったのですが、もしかしてこの延長ケーブルが問題なのか?

ビンゴでした。iMacからUSB-C:USB-Aハブ:延長ケーブル:ハードディスクという接続をしていたんですね。その延長ケーブルを省略したら何のことはないあっさり認識してくれました。ちょこちょこ使っていたので、問題ないと思ってたんですが、電力供給が不足だったのかそれとも別の要因だったのかわかりませんが、延長ケーブルが認識しない原因でした。Windowsマシンは足もとにあるので延長ケーブルなんかを使わなくてもフロントのUSBコネクタにアクセスできるのです。なので、認識したんでしょうね。簡単なことでした。1時間ぐらいあーでもないこーでもないと悩んでいたのですよ。

S.M.A.R.T.は不明

macOSでS.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)を見ることができるソフトってないですかね。Windowsだと、CrystalDiskInfoが有名ですが、macOSだと手軽に見ることができる安価なソフトが見当たりませんでした。Freeとは言わないですが、安価なヤツ。これを見るだけで数千円出すのはイヤだなぁ。知ってたらコメントで教えてください。

1年半ぐらいおそらくずっと回ってたHDDです。アクセスはそれほど多くなかったと思いますが、それでも録画マシンに使われていたHDDですので、信頼性という意味では疑問符ですよね。まして、私の中では2.5inchドライブというのは3.5inchに比べると信頼性が劣る。という評価です。まぁ、ちょっとした物置にはいいかもしれませんね。別に本格的な保存場所として使う気はありませんので、物置です。


nasneは分解完了です。実は色々手をつけていないシステムに関わることがあるのです。今週末はそれらに着手していこうと思います。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Mac

前の記事

色々アカウントを整理する
TrueNAS

次の記事

NAS増設計画