nasneを分解

安易にネジを外すことができないようになっている、トルクス(中央に突起あり)ねじを使っているというnasneを分解することできました。それ用のドライバーが手に入れば楽勝でした。

ネジがある面ではなく反対から外す

トルクスネジを外してしまえば楽勝。と書きましたが、嘘です。苦労しました。トルクスネジの反対側を外すというのは他の分解記事を読んで知っていました。で、ネジを外してマイナスドライバーでこじれば簡単に外れるんだろう。と思っていたんですよ。堅かったです。予想以上に。

マイナスドライバーを2本使って、あっちコッチをゴリゴリやって最後は力任せにやりました。簡単に外れるような情報があったけどなぁ。内部にあったファンのコネクタを外して、2分割に成功。基板を外さないとハードディスクは取り出せない構造になっており、こちらは簡単に取り出し成功。基板の裏側から4本のネジを外してハードディスクは取り出しできました。

BROADCOMの裏チップが黒くなってました

BROADCOM(ブロードコム(英語: Broadcom Inc.)は、無線(ワイヤレス、ブロードバンド)および通信インフラ向けの半導体製品、ソフトウェアなどを製造販売するファブレス企業。)の大きいチップがありまして、その裏面にある抵抗だと思われるチップが黒くなっていました。これがおそらくLAN使用不可の原因だろうと思います。

おそらく雷の影響だと思うのですが、過電流が流れたんでしょうか? 何をどうやってもダメだったので、仕方ありませんね。ハブ側のLANPortのランプが点灯しないので信号のやりとりが全くできていなかったんだろうと推察します。ダメになったのは事実なので、原因を推察しても仕方ありませんね。

分解の目的は、ハードディスクの救出

2.5inchハードディスクは、2TBの容量があります。AmazonでWD社製の2TBというと1万円弱といったところです。中に録画されているのは、後で見ようと思ったものでちょっと残念な気がしますが、まぁなかったことにします。

さてフォーマットして… と思ったら手持ちの2.5inch HDDケースが反応しません。別のハードディスクを入れても反応しないところを見ると、ケース自体がおかしくなっていると思います。新しいモノを購入しました。2日後に届きます。HDDケースはピンキリなんですが、1,000円未満の玄人志向のものを選択しました。さて無事救出できるでしょうか。

録画できる機器はしばらくなし

先の記事でも書きましたが、当面録画機器は購入しません。色々調べているんですが、macOSで完結させようとすると選択はありません。Windowsマシンも足もとにあるので、こいつにつなげてやれば、なんとでもなります。そういう用途にはWindowsマシン強いです。

この救出したハードディスクも録画機器用にしようと思っています。もともとそういう使い方をしていたわけですからね。ただ方法はまだ考えていません。WindowsマシンをいじってTS抜きマシンにするのも面白そうですが、普段マウスしかつないでいないので、ちょっと面倒だったりします。macOSで作業できるとなるとnasneの再購入がもっとも可能性高いですね。nasneはWebインターフェースですので、macOSでOKですもんね。どうしましょうかねぇ。

分解したnasneは、プラスチック部分はゴミとして廃棄。基板は分解してくれる業者を知っていますので、そちらに渡します。3万円弱で購入して、1万円弱のハードディスクを救出。2021年4月から使っていましたので、約1年半。元は取れてないなぁ。もう少し長く使っていられたらよかったのにね。


明日・明後日あたりから気温が下がってくるそうです。暑がりなので、まだ半袖しか用意していませんが、長袖もそろそろ用意しなくちゃですね。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Windows

次の記事

Windows11 Update 22H2