IPoE方式へ変更

自宅のインターネット回線はOCN光を利用中なのだけど、最近回線速度が若干遅く感じるようになってきた。回線速度は1GBタイプで、これ以上は(この田舎だと)見込めない。少しでも早いと言われるIPoEという方式に変えてみた。実は簡単にはいかなかったのです。

IPoE(IPv4 over IPv6)について

プロバイダーに応じて呼び方は微妙に違うみたいだけど、OCN光の場合は、IPoE(IPv4 over IPv6)という呼び方になっているので、以後、IPoEで通します。これは、比較的帯域に余裕があるIPv6を通してIPv4のサイトなどを呼び出したりする方法ですね。まぁ、細かいことは専門サイトに任せるとして(実はあまりよく分かっていない私)、従来のPPPoEに対して新しいIPoEという捉え方で行きます。

まだ普及してない(訳でもないみたいな)IPv6ネットワークをデータが経由するので、早くなる。ということですね。P2Pのネットワークなんかだとあんまり効果が分かりずらかったりすると思うのですが、トラフィックの小さいところをデータが経由するというのは、イメージ的にもわかりやすかったりしますね。

実現させるには光回線の種別判定が必要

実は、あっちコッチ見て回ったのですが、よく分からなかったのです。私の自宅で使っているホームゲートウェイはRT-500miという機種でして、これはIPoEに対応しているとなっています。しかし、見て回ったホームページで指し示されている方法を実行してもネットにつながらなくなることはあっても、IPoEが使えるようにはなりませんでした。

そもそもですね。IPoE接続環境確認サイト(OCNユーザーしか使えません)で確認すると、どうやってもIPv4がPPPoE、IPv6がIPoEという結果しか出てこなかったんですね。更に、OCNマイページでIPoEの提供状況というのがあるんですが、IPoEが提供中。IPoE(ホームゲートウェイ)は未提供。と、どっちなんじゃい! という感じ。

困った私は、サポートに電話することにしました。すると、

光回線にはType.1とType.2があり、Type.2でのみIPoEが使用可能。また、申し込みが必要です。

OCNサポートとのやりとりから

自動的に提供されるようなことホームページには書いてあったぞ! それと詳しくは聞きませんでしたが、Typeがあるというのは初耳。どういうのがType.1でどういうのがType.2なのかわかりませんが、Type.2じゃないと使えないらしいです。

電話で申し込み完了

サポートの方で回線種別を判定するので折り返す。と言われまして、30分ぐらいでしょうか、折り返しが来ました。で、その電話で申し込む旨伝えて、IPoEへの切替を行ってもらいました。RT-500miには「PPP」というランプがあるのですが、これが消えてなおかつインターネットにつながるようになればIPoEへの切替完了になります。

1日たっても変わらなければ、またサポートに電話するようにと言われました。しかし、だいたい15分ぐらいで「PPP」ランプが消え、ネットにもこれまでと同じくつながっています。IPoE接続環境確認サイトで確認してみると、IPv4もIPoEになっていました。IPアドレスも変わるんですね。

実はこの件、4〜5日悩んでいまして、サポートに電話してあっという間に解決してしまったことで拍子抜けしています。そしてもう一つ大きな問題があります。OCNマイページで「IPoEをサポートするルーターがあれば接続できます」というような記述がありまして、新しいルーターを購入してしまいました。RT-500miで事足りたわけで、新しいルーターはどうしましょうか…

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。
最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA