自宅AirMacにMacアドレス規制を掛けた

今までやってなかったのがトホホなんですが、自宅AirMacにMacアドレスによる接続規制を掛けました。これからは接続しようとしてもMACアドレスではじかれますよ。

私の自宅AirMacは当然パスワードによる規制がかかっていて、パスワードは本人も覚えていないほど(紙にプリントアウトしてあるけどそれも何のパスワードか、どこからパスワードなのかわからないようになってる)、長く複雑なものになっている。総当たりでクラックしようとしてもそう簡単ではないはず。しかし、それでも接続できてしまったら無料のWi-Fiになってしまう。まぁそこで、Macアドレスによる接続規制を掛けるべきだったのだけど、すっかり忘れていた。

やっと重い腰を上げて、規制を掛けましたよ。意外に簡単。赤丸で示したところね。デフォルトで「Macアドレス未登録」は接続時間規制で未接続にしてやって、登録されている機器のMacアドレスのみフリーアクセスにしてやればいいのね。

あら簡単。もっと早くやればよかった。

ちなみに、我が家のAirMacは2台のAirMac Extremeが1F/2Fを分けるようにセットしてあって、根元のルーターをブリッジさせる形でつながっている。で、一台目に設定してやったらあら不思議。2台目にもちゃんとMacアドレスが登録されているじゃありませんか。これはシンプルでいいわ。さすがApple。

やることがいちいちスマート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です