Let’s Encryptからメールが来た

Let’s EncryptというのはWebサイトのSSL接続証明書を発行してくれているところです。基本無料で使えるので、私のもう一つのサイトkaizawa.jpで使っています。そこから「Let’s Encrypt certificate expiration notice for domain “kaizawa.jp”」というメールが来ました。証明書の期限切れ? 慌てて対処しました。

自動的に更新されているはずだったのだけど…

12/10に投稿した記事「Ubuntuサーバー20.04にLet’s encryptを使ってhttps接続を実現する – Smile Peace」でもcertbotの動作を確認していたんですが、その後、リスタートしたときに状態が変わっていたみたいです。確認不足ですね。

● certbot.timer - Run certbot twice daily
     Loaded: loaded (/lib/systemd/system/certbot.timer; disabled; vendor preset: enabled)
     Active: inactive (dead)
    Trigger: n/a
   Triggers: ● certbot.service

メールが来たので、確認してみたときの状態がこれです。システムにLoadされているものの、動いていません。こりゃいかん。ということで、「sudo systemctl start certbot.timer」で動かします。しかし、これではリスタートでまたinactiveになってしまうので「sudo systemctl enable certbot.timer」で恒久化させます。

一応リスタートしてステータスを確認しましたが、リスタート後でもちゃんと動作してくれていました。一件落着ですね。


一瞬焦りました。対処は簡単だったのですが、確認は必要ですね。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


OPINION

前の記事

怒ってもいいと思うぞ