1way というアプリ

MacFan の3月号で紹介されていて、面白いなと思って導入しました。コンセプトがいい。で、使い勝手が … (苦笑

指定したフォルダにファイルを放り込むと、 Google Drive にアップしてくれて、ローカルのファイルは削除される。シンプルだけどいい感じですね。120円です。

コンセプトの説明は以上。実際の使用感ですが、これがウザい! ファイルを自動でアップしてくれるわけですが、10秒ぐらいに1度アプリが起動するみたいです。起動してもいいんですよ。そんなもんだと思います。しかしですね。起動するたびにドックにアイコンが現れて消える。それが繰り返されます。ウザいっす。

更に、これは変更可能ですが、アプリが起動するたびに通知が発行されます。それも「通知パネル」というクリックしないと消えないヤツ。これは速攻で通知なしに変えましょう。

通知スタイルを「通知パネル」から「なし」に変更したところ

上の図ではチェックが入っていますが、全てのチェックボックスを OFF にしておきましょう。ウザいですから。

アップロードのビットレートを選択できないのもちょっと考え物です。おそらくビットレートは低く設定されているらしく、おっそろしく時間がかかります。せっかく120円出したので、しばらく使ってみようと思いますが、けっこうウザいっす。

追記:ウザい上に、アップロードが遅すぎる。ということで、120円はドブに捨てたと言うことで削除しました。


美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。

オードリー・ヘップバーン

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください