32ビットアプリケーション

Mojave は、32ビットアプリケーションが使える最後の OS になります。今のうちに64ビットアプリケーションに切り替えておくことが重要になります。

私の環境でも32ビットアプリケーションは存在していましたが、できる限り64ビットに切り替えてきました。残っているのは、 KindleGen ですかね。これ、自炊のときに使うんですが、32ビットでした。気がつかなかったなぁ。ソースが公開されているみたいなので、自分でコンパイルし直して使えるようになるんでしょうかね。64ビットを意識していなかったのでわかりませんでした。

32ビットで残っていた中でも心配していたのが、 ScanSnap のアプリでして、これ32ビットでした。使っているのが、最新機種ではないので対応してくれるか不安だったのですが、ちゃんと対応してくれたみたいです。使い勝手は変わってしまいましたが、使えることが肝要ですね。私はスキャンした画像を大抵 Evernote に保存していたんですが、同じことをするにはワンステップ余計にかかるようになりました。

次の OS は来年リリース予定です。それまでに32ビットアプリケーションが移行できればいいなぁと思っております。


ひとつの顔は神があたえてくださった。もうひとつの顔は自分で造るのだ。

シェイクスピア

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください