できるかなiPhoneアプリ制作

これまではシェルスクリプトなどを使ってmacOS上で自動化を図ってきた。簡単なプログラムなら制作できると思っているけど、iPhoneアプリは全く未知数だった。今年の目標としてアプリを作ってみたいと思っている。出来るだろうか?

プログラム遍歴

実はiPhoneアプリを作ろうと思ったのはこれで2度目。前回はObjective-Cで躓いた。プログラムというと、シェルスクリプト・perl・pythonなどを勉強して簡単なプログラムなら書くことが出来ると思う。いわゆる統合環境であるXcodeをいじったことはなかった。

昔話になるけど、ResEditを使ってアイコン作ったり、リソースいじったりもしていた。もっと昔にはZ80の機械語をいじってたことも。いろいろ手をつけてその都度忘れていたりしたんですね。

この本との出会い

Amazon.co.jp: SwiftUI対応 たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 14/iOS 16/Swift 5.7対応

この本だけではアプリを作れないだろうと思っていたのですが、サンプルアプリのうち2つを作ったところですが、

なんと、極簡単なモノですがiPhoneアプリができてしまいました。で、こうなると色々考えてしまいます。アレをこうして、コレをこうして…

これまでこういうのがあったらいいのに、というアプリありませんでした? 私はありますよ。別に複雑な大きなアプリを作ってみたいと言うわけではありません。ちょっとしたシンプルなモノ。作ってみたくなりましたよ。

まだ、始まったばかりですが面白いです。還暦に近くなってきてますが、こういうのが好きですね。簡単なiPhoneアプリができたら公開したいなぁ。なにぶん飽きっぽい私ですので、どうなるかわかりません。しかし、今年の目標にしたいと思います。実はもう一冊本を購入しました。少しステップアップしたような本です。さてどうなるでしょうか。

まだ始まったばかりで先走りすぎている気がしていますが、じっくり取り組んでいきたいと思います。年末には報告できるでしょうか? 成功するか、失敗するか。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA