メニュー ホーム

オリンピックはもう止められない

本来ならやめるべきであったと私は考えます。でも、もう止められない。過去に例を見ないオリンピックになってしまいそうですね。

開会式を明日に控えて不祥事ばかり

Cornelius の小山田圭吾氏が、過去のいじめ問題で辞任。今日になってラーメンズの小林賢太郎氏も辞任。もうね、あきれてしまいますね。そしてもっとも大きな問題は、関東で特に猛威を振るっているコロナが全く治まっていないという事実。コロナ禍でのオリンピックは、やめるべきであったと私は思います。

しかし、もう止められない。本番はすでに始まっているんですから。競技をするアスリートに罪はない。もっと早くに中止を決定すれば、混乱はなかったはず ( 競技自体の混乱はあったかもしれませんね ) 。政治的な問題を持ち込んだのは協議をするアスリートに対して失礼だと思います。何とかならなかったのかな。と今でも思いますよ。

競技は始まっている

女子サッカーやソフトボールの予選がすでに始まってますね。選手たちには雑音にめげずに頑張って欲しいと思います。オリンピックは競技が中心。開会式・閉会式はおまけに過ぎないのですから、いっそ集まるのはやめにしてオンライン開会式・オンライン閉会式にできないもんだろうか。今日の明日だから開会式は間に合わないかもだけど、閉会式はオンラインにしていいんじゃないかね。パラリンピックの方は開会式・閉会式ともにオンライン。挨拶したい人がたくさんいるんだろうから、そんな人たちに「御挨拶」をしてもらう。普段よりも多くの「御挨拶」ができるんじゃないだろうか。そっちの方がよほどいいように思うけどどうよ。

コロナ禍での競技と言うことで接触したりするのは最小限になったりするんでしょうね。普段とは違う環境下での競技となりそうで、選手たちはかわいそうです。そうはいってもやるからには全力でやって欲しいですね。彼ら・彼女らが主役のはずなんで、できるだけ競技に集中してやって欲しいですね。

コロナ禍での影響

選手村でのコロナ感染のニュースはもう何件も流れています。それによる辞退のニュースもありました。コロナ禍でのオリンピック。それに打ち勝っていることを世界に示すんだと言っていた人もいましたね。福島の復興オリンピックにするんだと息巻いていた人も。どちらも残念な結果になったと言わざるを得ないのではないでしょうか。

事実上始まっている競技を止めることはできないでしょうから、それ以外のセレモニーに関しては今からでも遅くないので見直してあげるのが、結果として選手の安全のためなんじゃないだろうかと思います。セレモニーで感染したなんてことがあってはならないんですからね。オンライン・セレモニー真剣に考えて欲しいな。

誰かが「オリンピックは特別だ」と話していました。特別なんでしょう。認めます。認めますが、各国からやってきた選手たちがコロナウィルスに晒されるような危険は特別だからこそあってはならないと思います。


多分に感情的になっているところはありますが、オリンピックやるべきではなかったと今でも思ってます。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:OPINION

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください