メニュー ホーム

ディスプレイを更新した

もともと使っていたのは、1600×900のディスプレイ。それを2560×1440のディスプレイにリプレースした。大きいのは正義だ!

WQHDディスプレイ

何をするにも大きいディスプレイは便利なので前から欲しかったのだけど、中古の良さそうなのがあったので購入した。WQHDって言う規格なのかな。今使っているiMacの4.5Kには及ばないものの、2560×1440は広い。ターミナルを広げていることが多いのだけど、これまでは18pxで表示していたのを24pxで文字表示させてちょうどいい感じ。ツイッターなどは少し文字が小さく感じられるぐらいだけど、問題はなかろう。

私はiMacの向かって左にもう一台、Windows10用のディスプレイをつなげていて、3面構成にしている。Windows10側は1600×900のディスプレイなんだけど、こちらはあんまり必要を感じてないのでこれまで通りかな。

定価で購入すると23,980円(Amazonセール価格)だったのですけど、同じものの中古が13,000円と1万円安くでていたので購入したんですね。中古だとどんな状態だか気になるところだったのですが、30日以内なら返品可。ということでしたので、あまり不安は感じませんでした。来てみたら、箱の傷みとスタンド部分の傷がありましたが、箱はどうでもいいし、アームに取り付けるので、スタンドも無視できますね。

この製品の評価のところで「HDMIではFHDまでしか表示されない。DPじゃなければWQHD表示ができない」というコメントがありました。Windows環境だとそうなんですかね。macOSではつないだだけでWQHD表示できましたよ。Amazonのコメント欄に書き込んでおこう。


広くなったし、とっても満足。懐は寂しくなったけどね。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Mac

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください