現在わかっていること わかっていないこと

Apple Silicon を搭載する Mac は年末には登場すると発表されていますが、その Silicon がデベロッパー・プログラムで提供される A12Z であるとは発表されていません。もともと、 A12Z は iPad 用に開発されたもので、環境が異なる macOS に最適化されていないと思われます。 Apple Silicon はチップの中に、色々なコントローラーを内蔵していますので、 iPad 用と macOS 用でチップが異なるのは何ら不自然なことではありません。

本来出回らないはずのデベロッパー・プログラムの Mac mini のパフォーマンスに関するデータもネットに出てきています。

DTK 版 Mac mini の Geekbench によるベンチマークスコアが、記事作成時点ですでに 22 件報告されています。それによると、シングルコアでのスコアは平均で 800 ~ 850 ほど、マルチコアでのスコアは 3000 弱となっています。 

https://gigazine.net/news/20200630-a12z-mac-mini-benchmark/

Rosetta2 を使ったものですので、数十%のパワーダウンは考えなければならないところで、 A12Z を使った Mac mini のパフォーマンスはおおよそ MacBook Air 程度では無かろうかと言われています。現在ネイティブなソフトウエアは皆無に等しい訳で、これらか次第にわかってくるものと思います。

ハードウェアを直接叩いていると思われるベンチマークソフトを Rosetta2 があっさり実行してしまうところなどは、さすがに自信を持って発表しただけに Rosetta2 のできは良さそうですね。更に別の記事では、

9to5Mac が「興味深い点」として指摘しているのは、 Geekbench ベンチマークスコアによれば、 DTK が搭載する A12Z Bionic が 4 コアである点です。 A12Z は本来、 8 コア構成です。 

https://iphone-mania.jp/news-298646/

Rosetta2 が 4 コアしか使わない仕様なのか。デベロッパー・プログラムで提供されている Mac mini が 4 コアに限定しているのか。その辺もわかりません。

わかっているのは、年末に向けて正式な AppleSilicon を使ったマシンが出てくること。デベロッパー・プログラムで提供されている Mac mini は 2,020 年のローエンド MacBook Air 程度のパフォーマンスであることぐらいで、ほとんどがわからないことだらけです。

個人的にはもっとも使う頻度が高い Finder の動作速度・ Safari の出来などが興味あります。 Finder ・ Safari はネイティブなソフトですから、 A12Z の実力を測れると思います。デベロッパー・プログラムに申し込むのは、数年前からパスしていますが、今年はチャレンジしてみればよかったかなとも思っています。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください