起動カーネル

OS X Lionは、64 ビットカーネルをデフォルトの起動方式として選択するようになりましたが、Mac OS X Snow Leopardで32 ビットカーネル起動しているMacにアップグレードインストールを行うと、32 ビットカーネル起動が引き継がれるようです。

http://www.macotakara.jp/blog/mac_os_x/entry-13700.html

見事にこれだったようです。ところが、起動カーネルを64bitに出来ない。このマシンが、64bitカーネルに対応していないかもしれないと言うことなのでしょうかね。

DVDに焼いた64bit Linux Mint/UbuntuともにDVDを認識しない。という状態です。32bit版なら認識してくれます。さてさて、どうしたものか。

しかし、macOSの起動カーネルが32bitだとして、起動させるLinuxが64bitダメなのはなんか納得いきません。ブートローダーが32bitじゃないと受け付けないってことなんでしょうね。でもって、マック上で64bitカーネルに切り替えるCommand打っても、成功したよ。というメッセージが出るものの、確認してみると32bit。わからんわ。

* * *

トライは続けますが、Linux Mintを起動ドライブにインストールして使ってます。軽いですね。いい感じです。

全ての答えが出た。どう生きるべきかということを除いて。

J.P.サルトル

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください