無線親機を交換

これまではAirMac Extremeを2台使ってワイヤレス網を作っていたのですが、どういうわけか動作が不安定になってきました。そこで、無線親機を交換することにしました。

色々と検討してみたのですが、比較的評判が良かったのと型落ちで安くなっていたのでバッファロー社のAirStationにしました。最近のはいろいろな機能がてんこ盛りで、セットアップも簡単になってますね。でも、Appleの純正品であるAirMacにはかないません。AirMacユーティリティを使うと他のはなかなか使うのが面倒になってしまいます。

とはいうものの、手探りながら一応のセットアップは完了…といきたいところでしたが、問題が2つ。1つは無線で運用していたプリンターとの接続。AOSSというプロトコルがあって、これを使えば簡単に接続できる。はずなのですが、どうしても認識してくれません。プリンターのメーカーホームページの手順通りにやってもうまくいきません。少し離れたところに設置してあるプリンターを無理矢理移動して、長いUSBケーブルでiMacに有線接続してようやく設定完了。有線接続での設定は至極簡単。最初からこうしておけば良かったです。

さて、もう一つのトラブルは解決に時間がかかりました。ローカルネットワーク内にあるMac mini2011をVNCで運用しているのですが、SMB接続ではうまくつながるのに、VNC接続ではエラーになる。それこそMac mini2011君は別の部屋に設置しているので、VNC接続は必須だったのです。ファイル共有はうまくいくのに、VNC接続は一切合切ダメ。仕方ないのでディスプレイを持って行って(普段miniくんはモニタレスで運用しています)原因を追及しました。

それでもなかなかわからなかったのですが、ふと見ると、ルーターから振られているIPアドレスがおかしい。通常、ルーターからサブネットマスクの範囲内でアドレスが振られているはずなのに、その範囲を逸脱しているアドレスになっているのです。これはおかしい。SMB接続ではつながるのもおかしい気はしたんですが、まぁそこは置いておいて、miniくんをリスタートしてみたところ、正常なアドレスになり、VNC接続も問題なしです。

まだ1日しか運用してませんが、どんなことになるんでしょう。少し不安になってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.