Bitcoin Core専用機

少し前にBitcoin Coreというウォレットを導入した。という話を書きました。このウォレット、常にネットに接続している必要があります。さらにブロックチェーンを読み込むときなど、瞬間的にCPUパワーを使うときがあり、メインマシンであるiMacだとちょっと不都合だったりしました。

そこで、SSD/HDDの2台体制にしたばかりのMac mini early2009にBitcoin Coreを移植してやることにしました。移植とはいっても、ブロックチェーンが入っているデータフォルダをmini2009のハードディスクにコピーしてBitcoin Coreをインストールしてやるだけ。Bitcoin Coreが同期するまで少し時間がかかりますが、ブロックチェーンをネットからダウンロードする(200GB弱あります)のに比べたら簡単です。

SSDを起動ディスクにして、HDDにブロックチェーンデータを収める。後はバックアップだけはしっかりしてやればいいことになります。

余ったCPUパワーはBONICをインストールして、分散コンピューティングでちょっとしたボランティア。まずはこれで行こうと思っています。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください