テストその2

○Markdown記法のコード展開

#を使った見出し部分は、WordPressにおいて、H1がブログタイトル。H2がエントリタイトルになるので、実際に使えるのは###以降となるかと思われ。それでもH3〜H6まで使えるとなると結構表現の幅が増える。ただ、####ぐらいになると地の文との見分けがつかなくなる可能性もありますね。試してみるとこんな感じ。

H3レベルの見出し

H4レベルの見出し

H5レベルの見出し
h6レベルの見出し

うむ…微妙。

<br /> </p>の展開

WordPressの場合、<br /></p>の区別はマークアップ記法でないとはっきりしなかったのが、Markdown記法を用いるとはっきりと区別できる。区別できたからどうだって訳ではないのだが、なんとなく気持ち悪かったのです。段落の区切りの</p>。単なる改行の<br />これ分けたいんですよ。

ボールドイタリックプレビューの問題

このプラグインに固有の問題ばかりで申し訳ないが、プレビューされないんですよ。残念ながら。ボールドイタリックもともにプレビューでは同じ。平文になってしまいます。Markdown記法の側ではっきり区別できるので、それほど大きな問題ではないと思いますが、使いづらいことには違いないですね。

総じて書きやすいかもしれない。これからはこれで行くと思いますが、できあがったものは違いありませんからね。HTMLで書き出してしまえば、マークアップ記法もマークダウン記法も同じですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です