メニュー ホーム

イオンモバイルと契約

ahamoはメインのiPhone用。サブのAndroid用はどうしようか迷ったのですが、イオンモバイルにお世話なることにしました。設定でちょっとミスってしまって時間がかかりましたね。

サブ機をどうしようか

メインで使っているiPhoneは昨日書いたようにahamoにしました。来週の土曜日に届く予定なので、まだ導入しているとは言えませんが、気分はすっかりahamoですわ。ところで私はもう一台携帯を持っています。実験的に色々遊んでいるNexus 5なんですね。今さらNexus 5かと言われるかもしれませんが、Androidの雰囲気を勉強するために持っています。

これまではBIGLOBEモバイルのシェアSIMという方法でもう1枚SIMカードを使っていました。メインのSIMを解約する訳なので、当然シェアSIMも解約しました。Nexusは月に500MBもあれば十分なのですが、ないと不便です。安いMVNOを選択することになるわけですが、あまり使わない機種なので、トラブルも考えられます。ネット経由でしかサポートがないというのは不安なので、近くにイオンがあることもあって、イオンモバイルにしました。契約は1GBプラスSMSというもので600円強です。

契約は簡単、ただ時間はかかりますね

窓口で契約する形式だと即日開通できるので、そちらを採用。前日に契約書などへの承認を済ませておいて、実際の窓口では契約書の説明を省くという方式ですね。これは合理的。本人確認書類の確認、クレジットカードの承認などを経て、必要事項を伝えると「だいたい1時間ぐらいかかります」とのこと。即日開通を考えていたので、これぐらいの時間がかかるのは許容範囲。実際の時間は50分ぐらいだったでしょうか。

昨日思いついて今日行動に移したので、拙速に過ぎた感はありますが、まあよかったのではないでしょうか。

設定でちょっとミス

待ち時間はイオンの中で過ごしまして、無事SIMカードの受取も済ませて自宅に帰ってAndroid機へ装着。設定といくわけですが、何回やってもイオンモバイルのAPNの登録がうまくいかない。エラーになるわけでなく、登録はできているんだけど4G LTEをつかまない。なんでだろう?? と思っていたのですが、非常に初歩的なところで間違えていました。イオンモバイルのスペルミス。AEONですよね。AIONにしてました。もう恥ずかしい。これでは何度やってもダメなわけだ。

スペルミスをしていたのは1カ所。他はちゃんとAEONと入れている。見直しをしても見つけなかった。15分ぐらいAndroidを幾度も再起動していました。設定がちゃんと入ったらいともあっさり4G LTEをつかみました。自分で恥ずかしくなってしまいましたわ。

アップデートがたまっていたので、300MBぐらいをわざと4G LTEで実行。普段はWi-Fiですね。問題ありません。ということで、サブ機の方もOKです。


2,980円+682円=3,662円 私の方の携帯代はこんなもんです。父の携帯代も同じところから払っているので、トータル7千円ぐらいかな。まぁ、こんなもんでしょう。

写真素材無料【写真AC】

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:ノン・カテゴリ

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください