「Raspberry Pi」カテゴリーアーカイブ

液晶を縦にしてみた

前回の投稿で紹介した、ホームサイネージですが、縦長の画像が多いことから液晶そのものを縦置きにしてみました。

縦置きにするには、設定を変えてやる必要がありますが、これは簡単。

# /boot/config.txt を編集
sudo nano /boot/config.txt

# 末尾に以下の設定を追加
display_rotate=1

# 0 = 0°、1=90°、2=180°、3=270°

購入した 7inch の HDMI ディスプレイは 4 隅に固定用の穴が開いているので吊り下げるためのリングをつけて縦置き完成です。後は、画像ファイルの大きさを 1024×600 から 600×1024 に最適化すれば完成になります。これでも画像の周りに黒のフレームが発生していてあまり面白くないのですが、この縁取りはなぜか消えません。

そして謎のエラーが発生するようになっています。全ての画像ファイルは JPEG フォーマットなのですが、表示に使っている pygame ライブラリがアンサポーテッドフォーマットのエラーを吐く場合があります。どのファイルが問題なのか、ログにそのときのファイル名を書き込むようにしてみました。ところが、その後からそのエラーが消え代わりに Underrun エラーが! エー、何でぇ? って感じです。なんか私間違ったことしてるんでしょうかね。

エラーを吐く以外は、問題なく使えているので、このまま使ってみます。フレームの問題はボチボチやっていきますね。


愛してその人を得ることは最上である。愛してその人を失うことはその次によい

ウィリアム メークピース サッカリ

7inch の HDMI ディスプレイをホームサイネージにしてみた

先日、購入した 7inch の HDMI ディスプレイをホームサイネージにしてみた。起動すると自動的に画像をスライドショー表示してくれる。ただし、課題も多い

画像を見てもらってもわかるけど、ワイヤーで天井から吊ってある。ディスプレイの裏側には Raspberry Pi zero W がネジ止めされていて、コードが色々刺さっている。極めて見た目がよろしくない。根本的な問題として 7inch ではちょっと小さかったなぁ。

他にも問題はあって、記事にした python コーデックのスライドショーに手を加えたものを使っているのだけど、写真の周りに 50px ぐらいの幅でフレームができてしまっている。これなくしたいのだけど、どうもうまくいかない。 pygame というライブラリを使っているのだけど、フルスクリーンを指定しているにもかかわらずフレームができてるんですよね。これはソフトの改良で何とかなる問題なのだけど、現在のところはお手上げ状態。

画像は縦長のものが手元に多くあったので、それを使っているけど、見開きのような横長の方が見栄えがするので、画像を調整してみる。画像はいろんなサイトからダウンロードしたりしたものなので、ちょっとアレなんですが …

基本的に Zero W 君の 30 %程度の CPU パワーを使ってます。あんまりパワーがある CPU ではないので、このぐらいでいいのかしら。画像の追加は scp を使っていますが、 Samba を入れて画像フォルダを共有させた方が絶対楽ですよね。今はグラビア写真しか入れていませんが、グラビア以外の写真を入れてもいいかもしれませんね。


病を受くることも多くは心より受く。外より来る病は少なし。

吉田兼好

7inch の HDMI ディスプレイを購入

1024×600 @ 60Hz  このぐらいのサイズは色々売っているんですが、裏側に Raspberry Pi zero をセットできて、 HDMI 接続であることを条件に購入してみました。

こんな風に Zero がネジ止めできます。写真ではコードが刺さっていませんが、もちろんコードを挿して使います。オリジナルのフォトビューワーを作るつもりです。壁に取り付けるつもりなのですが、どうやってつけようか悩んでいます。週末にホームセンターに行ってみますね。


主義が重荷になって、海の底へ沈むより、日和見を決め込んで、波間に浮かんでいたほうがいい。

スタンリー・ボールドウィン

Raspberry Pi(buster) memo

Raspberry Pi の Raspbian がバージョン 10 になった ( コードネーム buster) 。 NAS をマウントしようとしてはまったので (._.) φ、

cifs  -utils はあらかじめ入っているので、普通にマウント … できない。

# mount -t cifs //192.168.1.xxx/share /mnt/share -o username=hoge,password=hige,iocharset=utf8

なんでじゃ。とわめきながら、色々やってみたけどダメ。ただ、ネットに上がっている情報はほぼ全て前のバージョン Stretch のもの。私がダウンロードしたのは buster なので、何かが違っている可能性がある。というか、多分違ってるよな。と冷静になったところで、初期設定から考え直す。

マウントできないだけではなく、「 mount error: cifs filesystem not supported by the system 」というエラーが出る。カーネルが対応していないときに出るらしい。しかし、カーネルが対応してないからといってソースコードからコンパイルする ( そういう方法がネットに出ていた ) のは何にせよ力不足。そこで、藁をも掴む気持ちで raspi-config を叩いてみる。

このネットワークインターフェイスネームなる Option を enable にした。

怪しいのを色々叩いてみたら、上の画面にある「 Network interface name Enable/Disenable 」を Enable( 有効 ) にしたらあっさりつながった。

多分これでうまく行くと思う。

OpenMediaVault

ここのところ、あまり稼働していなかった Raspberry Pi 3+ を OpenMediaVault というソフトを使って NAS 化してみた。とりあえず 500GB のハードディスクを接続して成功したのでメモ。

ヘッドレスで通常運用していた Raspberry Pi さんなのですが、このソフトの場合 1 度だけ(インストールの最初で)キーボードとモニターを使う必要があったので準備。その後は Web Interference と SSH でいける。

OpenMediaVault – The open network attached storage solution というホームページから Raspberry Pi のイメージをダウンロード。これがあると大変楽になる。インストールの詳細については「初心者でもラズパイで NAS サーバーを作ってみよう!」を参照して作業した。ただし、上記ページではわかりにくかったところがあるので、以下に追記する。

ハードディスクのマウントを行うときの操作がわからず、ググってみたのですが、次のような操作になります。

  • 「ストレージ」>「ディスク」で接続したハードディスクをワイプする。(注
  • 「ストレージ」>「ファイルシステム」で接続したハードディスクをマウントする。

注)ワイプするとハードディスクの中身は全て消えてしまいます。

初めて使うハードディスクなどは ext4 というフォーマットで初期化されます。ウィンドウズなどで標準的な FAT などのフォーマットのディスクは再フォーマットされることに注意してください。

後は、初心者でもラズパイで NAS サーバーを作ってみよう!の通りに作業すれば良いのですが、 SSH で接続する場合には次のような操作が必要になってきます。

  • 「アクセス権の管理」>「ユーザー」で SSH で使用するユーザーを作成する。
  • ユーザーをクリックして「編集」。
  • ダイアログで「グループ」タブを選択して、 ssh, sudo のグループにユーザーを追加する。

これしないと、 SSH で接続したときに、 Permission denied, please try again. と怒られてしまいます。

後は基本的に Web Interference/SSH で操作が可能です。

プラグインで、 Forked Daap があったので、 Peppermint10 で配信させていた mp3 ファイルのうち、一部をこの Raspberry Pi サーバーから配信させることにしました。実は落語の mp3 ファイルなのです。まだ数は少ないのですが、すきなので見つけると購入してリッピングしたものです。シャッフルで聞いていて、突然お囃子が入ってくるとやはり驚きますからね。別管理にしました。

有効な活用方法を更に探っております。


己を喜ばすために食べよ。そして他人を喜ばすために身だしなみを整えよ。

フランクリン