「交換」タグアーカイブ

Mac mini2009 のメモリを 8GB にした

公には 4GB が MAX になっている Mac mini2009 ですが、ぐぐればわかる通り 8GB を認識します。メモリも安くなってきているので、 8GB にしてみました。紆余曲折あり。

8GB でも 4 千円ぐらいで購入できますね。新規に購入しました。取り付けは別に難しいこともなく、サクッと取り付けて万事滞りなく …  といかないところが私らしいところです。大きく滞りました。

Mac mini2009 はメモリの交換のためにハードディスクや光学ドライブが組み合わされている上部ユニットを外さなければなりません。ここには無線のアンテナなんかが絡みついていたりしてちょっと面倒です。で、ここにはハードディスクのところに貼り付けられている温度センサーがあり、これでファンの回転数を制御しています。これを切ってしまいました。支障はないだろうと思って組み立ててみたのですが、ファンが最高回転します。ダメです。やり直しですね。

ところが、センサーの線そのものではなく、接着部分を引きちぎってしまったようで、非常に小さいハンダ付けが必要でした。私にそのような技術はありません。困りました。

どうしたかというと、こういうときのために部品取りを目的にして Mac mini2009 をもう一台ストックしていました。上部ユニットをそこからいただいて交換しました。センサーも無事正常動作してくれています。良かった。

さて、部品取り用の Mac mini2009 を使ってしまったので、もう一台安く仕入れておこうかなと思ってます。


どうにもならないことは、忘れることが幸福だ。

ドイツのことわざ

光回線ルーター交換完了

先日も記事にしましたが、勝手に再起動を繰り返すトラブルに見舞われていた光回線のルーターは無事交換となりました。

ルーター本体は RT-500KI から RT-500MI へと若干変わりましたが、機能的には問題なし。インターネット設定を再構築して、固定アドレスの設定をして完了です。プリンタが認識されないトラブルのため、小一時間頭を悩ませましたが、このルーターではなく、無線 LAN 側のルーターを再起動させたら直りました。

朝一で配達してもらい、すぐ交換。6時間ぐらい使ったところですが、再起動のトラブルは出ていません。ようやく安心して使えるようになりました。ルーターが再起動すると、ネット接続の HDD もリンクが切れます。ネット接続の HDD は私の環境ではけっこう重要な役割になっているので、これが切れるととっても困るのです。昨晩なんぞ、1時間に 2 度3度リスタートしていまして、とても使えたもんじゃありませんでした。

しかし、ネット接続ができないという状況がこれほど深刻だと思っていませんでした。私はかなり依存していますね。このブログも Offline で書くことはできますが、 UP するときには当然ネットに接続します。全くネットに接続していないマシンは、私のところにはありません。ちょっと考えなければならないかもしれませんね。

ともあれ、1つトラブルが解決しました。良かったです。


満足な仕事ができないと思ったときは、素直に自分のレベルに合った仕事を探しなさい。たとえそれが石割りであったとしてもである。

ジェームズ・ギャンブル

光回線ルーター交換

先日来、ルーターが勝手に再起動を繰り返すトラブルが起きていまして、参っていました。 NTT さんと NTT コミュニケーションとの間であっち行ったりこっちに来たりを繰り返しましたが、無事交換することになりました。

ここ数日だんだん再起動の頻度が高くなってきていまして、ひどいときには30分おきなんてこともありました。 NTT コミュニケーションズさんに電話して、 NTT さんの技術の人と話をして、交換することになりました。明日は私の都合が悪かったので、明後日(14日)に交換の部材が届きます。それを私が交換するという手はず。

AC アダプタも悪いのかもしれませんね。交換部材はルーター本体と AC アダプタだそうなので、そっくり交換しようと思っております。めんどくさいことはないのですが、ルーター本体に認証情報が入っているので、今のうちに記録を引っ張り出しておかねばなりませんね。

ここのところかなり辟易としていたので、やっと安心できます。


お前の哲学の目的は何か?それはハエに、ハエ取り器から脱出する出口を示してやることだ。

ヴィトゲンシュタイン

UPS 昇天

10 月にオークションで購入した UPS がわずか 2 ヶ月で昇天されました。送料別 1,400 円の勉強料は高かったのか安かったのか。

今日の昼パソコンを使っていたら突然電子音が響きました。 iMac からではないし、他に電子音を発する機器はないと思っていたので、周りを見渡しました。設置してから iMac とハードディスク2台をドライブしていた UPS から出ていたものでした。

バッテリーの低下で交換を促すランプがついています。もちろんバッテリー部分を交換すれば元の出力に戻るのかもしれませんが、そのバッテリーが新品の UPS ほどの価格になっています。 UPS はバッテリーが命ですから、わからなくもないのですが、それなら新品を購入しようと思っております。現在使っているのは、中古ですし最近の機種に比べると大きさも大きい。バッテリー交換よりも新品の購入に充てた方が、資金も無駄にならないだろうと思ってます。

購入を考えている UPS

画像が購入を考えている UPS ですが、まだ購入手続きはしていません。現在の UPS の下取りプログラムがありまして、それの問い合わせの返事待ちです。何にせよ、 1 度設置してしまうと何もなしだと不安というもの。さっさと結論を出したいと思っております。


音楽の演奏者や劇の俳優達は技術家である。彼らは芸術家でない。なぜといって彼らは真の「創作」をもってゐないじゃないか。

萩原朔太郎

Wi-Fi ルーターを再び変更

バッファローのルーターさんが、よく分からないのですが、管理画面が表示されない (Wi-Fi ルーターとしては機能している ) という状況になりました。イライラするので取り替えることにしました。

いわゆる 2 重ルーターの状態になっていたようで、ルーターの管理画面 IP アドレスが不正になっていたようです。ようです。と中途半端な表現になっているのは、原因追及を途中で放棄したためです。イライラして、それなら違う Wi-Fi ルーターにしちゃうもんね。となったわけです。

どうも私はバッファローと相性が悪い。一台ある HDD もマウント不正が起きるなどどうも調子が悪い。バッファローさんには悪いですが、もう使いません。

ということで、オークションで送料別 1,000 円で少し古い ( といっても 11ac には対応している )Wi-Fi ルーターを購入しました。バッファローさんにはいわゆるブリッジモードというのが明示されていませんでした。それは自動で認識するよ。ということだったようです ( そうなってなかったと思います ) 。

そこで、ブリッジモードをしっかり明示してある NEC のルーターにしたんですね。思いのほか小さくてかわいらしいルーターですが、そこそこの速度は出ます。有線の速度は出ていますし、無線の公称速度はバッファローに劣るのですが、体感では変わりません。

そして何より情報表示のコンセプトが違うようです。というのも、バッファローさんの場合リビングなどに置いても違和感が無いようにと言う配慮からか、ランプの点滅は全くありません。データが来ているかどうかの確認が出来ないんですね。今どういうモードで動いているのかと言うことも、ランプを見ただけではわかりません。一方の NEC さんの場合は、ランプがしっかり自己主張しています。データが入っているところは点滅しますし、モードもランプの色を変えて主張する。すごいのは上と横に同じ情報を表示するランプが 1 組ずつ用意されているというところです。

どちらが良くてどちらが悪いと言うつもりはありませんが、 NEC さんの方が好みです。バッファローさんのは最近の潮流なのかもしれませんね。

なにはともあれ、ブリッジモードでしっかり動いています。もちろん、管理画面も表示されます。ステルスモードにして MAC アドレス規制もかけました。設定はとっても不親切ですがw この子としばらくお付き合いしていきます。


一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである

ジェラール シャンドリ