「FreeNAS」タグアーカイブ

マルチ OS 環境

ここに見えているのは iMac ・サブモニタ・ MacBook Air ですね。見えていませんが、他にも3種類の OS が動いている3台のマシンがあります。

サブモニタに映っているのは Raspberry Pi のデスクトップです。あまりデスクトップでの作業はしないんですが、映しておくことが多いですね。サーバーマシンとして、 Windows10 ・ FreeNAS ・ PeppermintOS のマシンがそれぞれあります。これらのマシンには SSH もしくは VNC でつなぐことが多いですね。

Windows10 と FreeNAS は自作 PC です。ゲームは一切やらないので、 Pentium/Celeron のマシンです。それぞれ十分満足しています。 Windows10 のマシンには Office365 をインストールしてありますが、年に一度か二度これらを使うことがあります。マクロがらみの案件で使うんですが、実機が必要になるんですよね。

PeppermintOS が動いているのは Mac mini2009 です。 2009 年製と言うことでもうアップルからはセキュリティアップデートは供給されません。それで軽量 Linux である PeppermintOS を入れています。これはベッドルームにあって、たまにデスクトップ環境をいじります。普段はサーバー機です。 iTunes さんの為に DAAP サーバーとしても使ってます。


説明はこれぐらいにして、環境が違うとルールみたいなのも違いますね。 Mac の場合、シェルに関しては UNIX そのままですので、 Linux とのルールの違いみたいなのは感じません。それが、 Windows10 になると話は違ってきますね。私、 Windows10 のシェル(端末?)を触ることは少ないです。ほとんどいじらないといってもいい。なので、 Windows10 特有のルールを知りません。 Windows10 はアプリを使う環境。そう割り切っています。

環境を同じもので統一すると深く知ることができるように思います。その点、私はダメですね。広く浅く。興味のフォーカスが一点に定まらない。あっちへ行ったりこっちへ来たりとふらふらしています。最近の流行は Raspberry Pi です。

いろんなところに出入りしていますので、広くいろんな知識を得なければやっていられません。その点はいいところかな。


複雑な問題の解答は、単純で、わかりやすく、間違っている。

ヘンリー・ルイス・メンケン

またもや原因不明

FreeNAS の行方不明の件ですが、何とかなりました。ただ、タイトルにある通り、原因が不明です。情けない話ですが、何が原因なのか、う〜ん。

FreeNAS には、デフォルトに設定を戻すオプションがあります。何が原因なのかわからなかったので、2度にわたってデフォルトに戻しました。更に、ハードディスク内に残っていたデータも消去して(バックアップデータばかりだったので、今再びバックアップしています)やってみたのですが、よく分かりませんでした。

macOS の方で、以前使って使わなくなったマウントポイントが表示されていたので、 FreeNAS の方が悪いのではなく、 macOS の方が何か勘違いしているんじゃないかと思っていますが、確定できません。ある瞬間に突然使えるようになったんですね。どうなっているのか私にはわかりません。

あちこち検索して調べたりしたのですが、原因を突き止めるまではいきませんでした。修行が足りませんね。


ところで、私の FreeNAS の使い方ですが、基本的にバックアップストレージとして使っています。その他には Bittorrent サーバーとして動いてもらっていました。なので、データがロストしても何とかなったんですが、重要なデータを置いていたら冷や汗が出ているところでした。 FreeNAS の再インストールなんぞという荒療治を考えたのは、 OS を入れていた USB メモリのアクセス不良からでしたが、今後同じことが起きたときのために、バックアップをもっと万全にしておかなければですね。

とにかく、元通りにアクセスできるようになりました。必ずしもめでたしめでたしとはいきませんが、現在の設定はメモっておくことにします。


愛情がこもっていて無口な人こそ、人生の伴侶としてふさわしい。

亀井勝一郎

FreeNAS マウントせず

困りました。 FreeNAS がエラーを吐き出しており、起動ボリュームに指定していた USB メモリでエラー(応答性能が悪くなって時間がかかっている)ということで、別の USB メモリに FreeNAS の最新版をインストールしました。

SSH でハードディスク内には以前のデータが残っていることは確認しましたが、 Finder にマウントしません。パーミッションがらみだろうと当たりをつけて、色々いじっているのですが、一向に改善しません。新年一発目がトラブルというのは先が思いやられます。


将来を恐れる者は失敗を恐れて己の活動を制限する。しかし、失敗はいっそうよくやるための唯一の機会である。真面目な失敗はなんら恥ではない。失敗を恐れる心の中に、恥辱は住む。

ヘンリー・フォ−ド

FreeNAS 11.2 RELEASE U1

ついこの間バージョンアップしたのですが、 U1 (アップデート)が来ていました。早速適用してみます。今回はすんなりいくのかしら。

うまくいきました。ただし、やはり思いっきり時間がかかってしまうのは変わりませんね。あまり時間がかかるので、寝てしまいました。2時間以上かかったんじゃないかしら。動作は安定しています。

U1 への変更で、パスワードなどが失われる可能性があるので設定をバックアップしなさいというメッセージが出て、実際バックアップしましたが設定は特に変わることはありませんでした。気をつけて欲しいのはプラグインのアプリで、こちらはアップデートでストップしていました。再起動が必要です。


運命をあざ笑うものが幸運を手に入れるだろう

ベンジャミン・ディスレリー

前言撤回、 FreeNAS バージョンアップ

毎日言うことが代わり、考えが変わるのは何も血液型 (AB 型 ) の性ではないと思うのですね。昨日、 FreeNAS はバージョンアップしないといったのに、今日はバージョンアップしましたよ。

時間はかかるものの、 11.1 U6 と 11.2 の間を行ったり来たりする方法がわかったので ( モニタ画面でメニューをいじればいい ) 、もう 1 度だけバージョンアップを実行してみようと思ったのです。理由は今日暇だったからかな。やることはたくさんあったんですが、これにとっかかったら他のこと忘れちゃいました。

11.2 のインストールはとにかく時間がかかります。なんでなんでしょうね。私の環境では、 1 時間以上かかりました。昨日はかろうじて起動していた感のある Web インターフェースが、今日は ( 時間はかかりますが ) 起動します。起動してしまえば、後は普通なんですね。ファイルシステムのバージョンアップしてね。というアラートが出ていたのでそれに従い、何度か再起動させて見ました。今度は標準的な時間で起動するみたいです。ファイルシステムのバージョンアップが時間かかった原因ではないと思うんですが。

なんにしても、 FreeNAS は現在、 11.2 で稼働しています。ちょっと困ったことは、 DAAP サーバーがプラグインの中にないこと。 legacy インターフェースの側では従来のプラグインも動くので、 Firefly というミュージックサーバーを入れています。しかしこれどうも開発が止まっているみたいです。使い勝手は悪くないのですけど、ユーザーがいなかったのかな。これに変わるプラグインがあれば、入れるのですけど DAAP に対応しているのがないっぽい。

今のところ、半日ぐらいしか使っていませんが、 11.2 も安定しています。 DAAP に関しては、 legacy インターフェースの側で Firefly を動かしておきます。 legacy というぐらいですから、サポートがいつまで続くが疑問符がつきますけどね。


過去が変えられないのなら、変えるべきは、未来だ。そのために、俺の命はある。 

BUSIN Wizardry Alternative NEO

FreeNAS は現状維持

FreeNAS の新バージョン、 11.2 がリリースされていました。が、何が悪いのか私の環境ではうまく起動してくれません。結論から言うと、バージョンアップを凍結して現状維持で使います。

バージョンアップしないという結論は、実は簡単で現状 11.1 U6 でも全く不自由を感じていないと言うことです。バージョンアップが簡単にできるのなら、 11.2 に移行しますが、なぜだか何度やってもうまくいきません。新規インストールも考えて、 DVD も焼いてあるのですが、 NAS の使い道がバックアップ用途でして、現状で全く問題なく使えている。これが大きいです。

何か問題があるなら無理にでもバージョンアップしますが、それがない。バージョンアップの目的が興味本位というところが主な理由だとすると、現状と興味を秤にかけて現状を優先することにした。ということですね。

上の画像は、起動してからの通算時間も表示されています。これは昨日何度も再起動させたので、短い時間にとどまっていますが、それ以前は数ヶ月全く問題なく起動し続けてくれている FreeNAS の安定性を示していました。

また、 11.2 U2(U は Update の意味ですよね ) が出たら考えます。


努力しない天才よりも、努力する鈍才のほうがよけいに仕事をするだろう。

ジョン・アヴェブリー

FreeNAS11.2 release

油断していたら新しいバージョンがリリースされていました。新しいもの大好きなので、有無を言わさずバージョンアップします。

さて、リリースノートを見ると UI の変更。システムを強固なものに変更。ブートローダの変更。などなど。ただ、ぱっと見 UI の変更が一番大きな変更になるように思います。もちろん今までの UI も残っているので、気に入らなければ以前のものを使うことも今なら出来ます。いつまで出来るかの保証はしてくれませんので、今のうちになれておくのが良さそうですね。

もう一つ大きな変更としては、 FreeNAS の外で動作するアプリケーションの変更ですか。要するに、 Jails とプラグインの刷新ですね。 OS 機能以外のアプリケーションは、 Jails と呼ばれる仮想空間で動作しています ( という説明でいいのかしら? ) 。そこでのエラーが極力 OS 側に影響を及ぼさないようにというものですが、それが刷新されました。動くアプリはプラグインと呼ばれますが、これまでとは違う感じで動くみたいです。これまで動いていたものも、動くそうですが新しいバージョンに移行して欲しいみたいに書かれていました。

プラグインとして動作させていたのは、 transmission(torrent ファイルの受け渡し ) 。だけと行ってもいいと思います。これは新たにインストールし直して動作させることにします。

さて、現在インストール中です。うまく動くでしょうか。


うまく動きません。インストールは成功しているように見えるのですが、起動にとんでもなく時間がかかります。有に30分は時間がかかる。普段はディスプレイをつないでいないのですが、ディスプレイをつないで様子を見てみると、エラーが多発している模様。膨大なエラーの後に何とか Web インターフェースが立ち上がっているという状況です。どこに問題があるのかわからないので、いったん使うのをやめて、 v11.1 U6 に戻したいのですが、戻そうとするとタイムアウトでインターフェースがキャンセルされてしまいます。どうしてくれようか。

結局、起動途中で出てくるメニューから v11.1 U6 を起動できることに気がつき、そちらから起動しました。しかし、デフォルト起動は相変わらず v11.2 RELESED になっています。何かあって再起動が必要な場合困ってしまいますね。

On Reboot は 11.2

当面、 Update は見送ります。うまくいきませんね。


自分が正しいと信じることをすればよい。しても悪口をいわれ、しなくても悪口を言われる。いずれにせよ批判を免れることはできないのだから。

エレノア・ルーズベルト

Update FreNAS 11.1-U6

FreeNAS のバージョンアップがありましたので、早速適応しました。今回はバグフィックスが主なポイントのようですね。

詳しくは「 FreeNAS 11.1-U6 – iXsystems, Inc. – Enterprise Storage & Servers 」を参照してください。少なくとも私の環境では時間がかかりました。時間のあるときにバージョンアップしてください。リスタートしなければバージョンアップ中も NAS 機能はそのまま使えます。


ただ自分を信ぜよ。そうすればどう生きればよいかがわかるだろう。

ゲーテ

久しぶりに FreeNAS について

我が家の FreeNAS は実に安定しています。問題ありません。ヘビーなこともさせていませんが、設定したことはどれもきちんとやってくれています。 S.M.A.R.T が起動しない件を除けば。

FreeNAS って何? という質問もあるかもしれませんね。

FreeNAS (フリーナズ または フリーナス)は、 PC で NAS (ネットワークアタッチトストレージ)を構築することに特化した UNIX システム( FreeBSD ディストリビューション)である。 BSD ライセンス下で配布されている。 
Linux をベースとしたシステムへの移行が検討されたが、 iXsystems が支援を表明し、 8.x 系への移行と GUI のモジュール化、 PC-BSD の PBI を参考にしたモジュール技術の投入として、開発は継続されることとなった。 Linux ベースに FreeNAS の成果を移植した CoreNAS と呼ばれていたシステムは OpenMediaVault として、フォークし、従来の FreeNAS プロジェクトの主要開発者である Volker Theile 氏はこちらへ移行する。 また FreeNAS 0.7 系をベースで派生した NAS4Free  も開発が行われている。 

https://ja.wikipedia.org/wiki/FreeNAS

簡単にかくと、手持ちの PC を NAS にすることが出来る、そのための OS 。ってことでしょうか。

用意するもの

3分間なんチャラみたいですが、用意するのは通常の PC です。基本的には Windows が動いていたようなもので型落ちになったもので十分です。ただ、64ビットが必須になってますね。

システム要件 
400MB のストレージと 256MB の RAM (8.0.1 以降のバージョンでは 2GB のストレージが必要 )
i386 および AMD64 アーキテクチャ 9.3 より 64 ビット版のみ
ベースとなっている FreeBSD のサポートするハードウェア RAID カード、ネットワークカード (有線 /無線 ) が動作 
HDD,USB メモリ ,コンパクトフラッシュ ,CD-ROM+フロッピーディスクなどから起動し、利用することが可能

私は新しく PC を組みました。とはいうものの、手持ちのハードディスクを流用するなどしましたけど。ハードディスクは 2TB のものを 4 台 ( 後にリカバリー用にもう 2TB) 用意しました。 4 台のハードディスクで RAID5 を組んでいます。注意すべきはシステム用のストレージでして、 FreeNAS を入れておくのに 2GB 程度のストレージが必要ですが、パーティション分けをしたとしても残りの部分を使用できません。システムはシステム用に専用のストレージを用意しなければならなくなっています。この部分は強く USB メモリーを使うことをおすすめします。

RAID カードも結構幅広くサポートしているようですが、ソフトウェア RAID も本体に備わっていますので、 ( 私も利用していますが ) それを利用するのがいいかもしれません。

実際の使い勝手

システムへはブラウザを通してアクセスしますが、これがその画面です。新しい画面もあるのですが、シンプルな方を最近使っています。必要な設定をしてやれば、この画面を見るのは 1 ヶ月に 1 度程度。バージョンアップが来ているかどうかを確かめるぐらいです。

前回リスタートしてから ( 設置場所を変えたためリスタートが必要だった )52 日目ですが、全くもって安定しています。 SMB 方式の接続が主ですが、ファイルサーバーとしてマック君のデスクトップに溶け込んでくれています。


一度設定してしまえば、ディスプレイは必要ありませんが、設定のときにはあった方がいいと思います必須です。設定部分に関してはまた後ほど。

彼は決心した、というのはいい言葉だ。一語で、決心と解決という二つの意味を示している。

アラン「幸福論」