「11.2」タグアーカイブ

FreeNAS 11.2 RELEASE U1

ついこの間バージョンアップしたのですが、U1(アップデート)が来ていました。早速適用してみます。今回はすんなりいくのかしら。

うまくいきました。ただし、やはり思いっきり時間がかかってしまうのは変わりませんね。あまり時間がかかるので、寝てしまいました。2時間以上かかったんじゃないかしら。動作は安定しています。

U1への変更で、パスワードなどが失われる可能性があるので設定をバックアップしなさいというメッセージが出て、実際バックアップしましたが設定は特に変わることはありませんでした。気をつけて欲しいのはプラグインのアプリで、こちらはアップデートでストップしていました。再起動が必要です。


運命をあざ笑うものが幸運を手に入れるだろう

ベンジャミン・ディスレリー

前言撤回、FreeNASバージョンアップ

毎日言うことが代わり、考えが変わるのは何も血液型(AB型)の性ではないと思うのですね。昨日、FreeNASはバージョンアップしないといったのに、今日はバージョンアップしましたよ。

時間はかかるものの、11.1 U6 と11.2 の間を行ったり来たりする方法がわかったので(モニタ画面でメニューをいじればいい)、もう1度だけバージョンアップを実行してみようと思ったのです。理由は今日暇だったからかな。やることはたくさんあったんですが、これにとっかかったら他のこと忘れちゃいました。

11.2 のインストールはとにかく時間がかかります。なんでなんでしょうね。私の環境では、1時間以上かかりました。昨日はかろうじて起動していた感のあるWebインターフェースが、今日は(時間はかかりますが)起動します。起動してしまえば、後は普通なんですね。ファイルシステムのバージョンアップしてね。というアラートが出ていたのでそれに従い、何度か再起動させて見ました。今度は標準的な時間で起動するみたいです。ファイルシステムのバージョンアップが時間かかった原因ではないと思うんですが。

なんにしても、FreeNASは現在、11.2 で稼働しています。ちょっと困ったことは、DAAPサーバーがプラグインの中にないこと。legacyインターフェースの側では従来のプラグインも動くので、Firefly というミュージックサーバーを入れています。しかしこれどうも開発が止まっているみたいです。使い勝手は悪くないのですけど、ユーザーがいなかったのかな。これに変わるプラグインがあれば、入れるのですけどDAAPに対応しているのがないっぽい。

今のところ、半日ぐらいしか使っていませんが、11.2 も安定しています。DAAPに関しては、legacyインターフェースの側でFirefly を動かしておきます。legacyというぐらいですから、サポートがいつまで続くが疑問符がつきますけどね。


過去が変えられないのなら、変えるべきは、未来だ。そのために、俺の命はある。

BUSIN Wizardry Alternative NEO

FreeNASは現状維持

FreeNASの新バージョン、11.2 がリリースされていました。が、何が悪いのか私の環境ではうまく起動してくれません。結論から言うと、バージョンアップを凍結して現状維持で使います。

バージョンアップしないという結論は、実は簡単で現状 11.1 U6 でも全く不自由を感じていないと言うことです。バージョンアップが簡単にできるのなら、11.2 に移行しますが、なぜだか何度やってもうまくいきません。新規インストールも考えて、DVDも焼いてあるのですが、NASの使い道がバックアップ用途でして、現状で全く問題なく使えている。これが大きいです。

何か問題があるなら無理にでもバージョンアップしますが、それがない。バージョンアップの目的が興味本位というところが主な理由だとすると、現状と興味を秤にかけて現状を優先することにした。ということですね。

上の画像は、起動してからの通算時間も表示されています。これは昨日何度も再起動させたので、短い時間にとどまっていますが、それ以前は数ヶ月全く問題なく起動し続けてくれているFreeNASの安定性を示していました。

また、11.2 U2(UはUpdateの意味ですよね)が出たら考えます。


努力しない天才よりも、努力する鈍才のほうがよけいに仕事をするだろう。

ジョン・アヴェブリー

FreeNAS11.2 release

油断していたら新しいバージョンがリリースされていました。新しいもの大好きなので、有無を言わさずバージョンアップします。

さて、リリースノートを見るとUIの変更。システムを強固なものに変更。ブートローダの変更。などなど。ただ、ぱっと見UIの変更が一番大きな変更になるように思います。もちろん今までのUIも残っているので、気に入らなければ以前のものを使うことも今なら出来ます。いつまで出来るかの保証はしてくれませんので、今のうちになれておくのが良さそうですね。

もう一つ大きな変更としては、FreeNASの外で動作するアプリケーションの変更ですか。要するに、Jailsとプラグインの刷新ですね。OS機能以外のアプリケーションは、Jailsと呼ばれる仮想空間で動作しています(という説明でいいのかしら?)。そこでのエラーが極力OS側に影響を及ぼさないようにというものですが、それが刷新されました。動くアプリはプラグインと呼ばれますが、これまでとは違う感じで動くみたいです。これまで動いていたものも、動くそうですが新しいバージョンに移行して欲しいみたいに書かれていました。

プラグインとして動作させていたのは、transmission(torrentファイルの受け渡し)。だけと行ってもいいと思います。これは新たにインストールし直して動作させることにします。

さて、現在インストール中です。うまく動くでしょうか。


うまく動きません。インストールは成功しているように見えるのですが、起動にとんでもなく時間がかかります。有に30分は時間がかかる。普段はディスプレイをつないでいないのですが、ディスプレイをつないで様子を見てみると、エラーが多発している模様。膨大なエラーの後に何とかWebインターフェースが立ち上がっているという状況です。どこに問題があるのかわからないので、いったん使うのをやめて、v11.1 U6 に戻したいのですが、戻そうとするとタイムアウトでインターフェースがキャンセルされてしまいます。どうしてくれようか。

結局、起動途中で出てくるメニューからv11.1 U6 を起動できることに気がつき、そちらから起動しました。しかし、デフォルト起動は相変わらず v11.2 RELESED になっています。何かあって再起動が必要な場合困ってしまいますね。

On Rebootは11.2

当面、Updateは見送ります。うまくいきませんね。


自分が正しいと信じることをすればよい。しても悪口をいわれ、しなくても悪口を言われる。いずれにせよ批判を免れることはできないのだから。

エレノア・ルーズベルト