「KDE」タグアーカイブ

Kubuntu

openSUSE いいディストリビューションだったんですが、どうも私の環境では不具合が多く、解決できなかったのでさっさと別のディストリビューションに映ってしまいました。今度は Kubuntu です。

Kubuntu というと、 Ubuntu 系の KDE 版というような位置づけで考えています。 GENOME 版はどうも苦手でして、 KDE 版を選択したという感じです。基本は Ubuntu ですので、何よりトラブルに陥ったときの情報がたくさんあるのは安心感が違います。テスト的な考え方で運用していますので、 19.04 を選択しても良かったのですが、 LTS 版の 18.04 をインストールしてみました。

インストールに関しては、さすがは Ubuntu 系だけあって、ほとんどの部分が日本語で表示され、迷うことはありませんでした。日本語入力も、インストールが終了した段階で使えるようになっていて、問題ありません。まぁ、日本語入力に関してはあまり使う機会が無いかもしれません。 SSH 接続で Mac から使うことが多いですからね。

使い勝手もさすが Ubuntu 系。全く問題ありません。必要なアプリケーションをインストールして、少し運用してみましたが特に問題が出たものはありません。細かい設定はこれからですが、十分に使える状態になっています。


なぜあの時、俺を打って叱ってくれなかったのか。

イソップ

KDE 環境のホームフォルダを英語にする

タイトルそのままの内容なんですが、探してみるとあまり載ってないので、書き込みますね。

LANG=C xdg-user-dirs-update --force

端末で上記を入力してください。一応、ログアウト & ログインしておけば OK ですね。ちょっと気をつけたいのは、日本語表記のフォルダは、削除されません。自分で削除しましょうね。日本語表記のフォルダに何かファイルが入っていた場合も、移動されることはないので自分で移動しましょう。

日本語表記のフォルダってマウスを使ってデスクトップ環境を操作している分には、わかりやすくていいと思います。しかし、端末から操作しようとすると途端に使いにくくなります。 Mac の場合は Finder での表示が日本語表記だったとしても、ターミナルから操作するときには英語表記のフォルダ名で問題ありません。これが理想型ですね。 Linux ではそうも言っていられませんね。端末で日本語を入力するなんてナンセンスなので、サクッと英語にしちゃいましょう。

KDE 環境ではなく、 GENOME 環境の場合は、ググるとたくさん出てきますのでここでは書きませんよ。


私の日々のつぶやきは仏教というよりはそれより前の話です。肝心なのは外へ求めるのではなく自分を見つめるという方向性。この「コツ」を知っていないと修行も見返りばかりのお願い教に落ちてしまう。いわゆる信心家の姿。信心深いは欲望深い。信心家からの卒業が仏教。自分を見つめること。

南無 - 桔梗 (@kikyousan)

openSUSE のインストール

紆余曲折ありまして、 KDE のローリングアップデート版をインストールすることになりました。昨日のエントリから今日のエントリまで色々ありました。それを書いていきます。

まず、 openSUSE には 2 つのバリエーションがあります。 1 つは安定版の Leap 。もう一つはローリングアップデート版といって積極的にアップデートを受け入れる Tumbleweed 。で、それぞれ KDE ・ GENOME のデスクトップ環境が選択できます。他にも Xfce も選べますね(今回は試していません)。

ところが、安定版 Leap をインストールしようとすると、エラーも出ず、無事インストール完了するのですが、再起動すると立ち上がりません。 KDE ・ GENOME 両方のデスクトップ環境をインストールしてみましたが、安定版のはずが全く安定しません。 1 度 Leap が立ち上がったのですが、再起動をかけたところまた同じように起動しなくなりました。インストールしているのが、まな板 PC 君ですのでスタンドアロン環境なんですね。 SSH 接続の設定もしておらず、お手上げ状態になりました。

そこで、もう一度ローリングアップデート版の Tumbleweed をインストールしてみます。実は昨日のエントリを書く時点ではこの Tumbleweed 正常にインストールできていました。ただ、 GENOME の使い勝手がいまいちだったのと、なぜか root パスワードを認証してくれないという問題があって、再インストール必要だったのです。

そんなこんなで、 Tumbleweed の KDE 版をインストールすることにしたのですね。これも 1 度では終わりませんでした。 Tumbleweed の KDE 版をインストールしたところ、立ち上がるのですが、リスタートすると立ち上がらなくなります。インストールの時に使う USB メモリから立ち上げて、「インストールの確認」というのをかけてやると異常なしで終了し、立ち上がるようになります。しかし、リスタートするとダメです。

いい加減疲れて「もう一度インストールしてみてダメならギブアップしよう」と決め、 Tumbleweed の KDE 版をインストールしました。先ほどと変わらないはずなのですが、今度は何度リスタートしても OK です。一体何だったのかわからぬままですが、今度は安定して動いてくれています。

ざっくりと使ってみた感じではなかなか良い感じです。インストール時のトラブルはありましたが、良いディストリビューションというイメージですね。さて、このイメージがずっと続くのか、ダメだ! となってしまうのか私も注目しています。


良い客は三年経っても、店を変えない。良い店は三年経っても、客を変えない。

中国の諺