「iTunes」タグアーカイブ

afplayという選択肢

いや、知らなかったんですね。Macにはafplayというミュージックプレイヤーがインストールされていたんですね。コマンドラインですけど。

シンプルを極めたらこうなったというようなコマンドですね。基本的に音楽ファイルを引数にしてそれを再生する。まぁ、レーティングもできるみたいですが、使いませんね。シンプルに再生する。途中で中断するには kill するしかないっぽいです。引数を変えることで別の曲を再生する。こんなコマンドあったんですね。知らなかったです。

で、これを使ってシャッフルプレイに特化したアプリに仕上げてしまったのが、「世界で一番軽くてシンプル:mac用のシャッフル専用音楽プレーヤー – のらぬこの日常を描く」これいいです。昨日愚痴ったiTunesのバグに対しても、何それ? って感じで再生してくれます。これは素晴らしい。

    Audio File Play
    Version: 2.0
    Copyright 2003-2013, Apple Inc. All Rights Reserved.
    Specify -h (-help) for command options

Usage:
afplay [option...] audio_file

Options: (may appear before or after arguments)
  {-v | --volume} VOLUME
    set the volume for playback of the file
  {-h | --help}
    print help
  { --leaks}
    run leaks analysis
  {-t | --time} TIME
    play for TIME seconds
  {-r | --rate} RATE
    play at playback rate
  {-q | --rQuality} QUALITY
    set the quality used for rate-scaled playback (default is 0 - low quality, 1 - high quality)
  {-d | --debug}
    debug print output

一応オプションもありますね。ボリュームはシステムのボリュームでやるとして、デバッグモードも関係ないし、気になるのは、-q ですね。先に引用したのらぬこさんのところでもちゃんとハイクオリティにセットしてありますので、何の問題もありませんね。

今再生している楽曲名がわからないという弱点はありますが、プレイリストはテキストファイルですので自由に変えられる。しばらくこれで行こうと思います。


「寒い晩だな」「寒い晩です」妻の慰めとは、まさにかくの如きなり。

斎藤緑雨

iTunesが言うことを聞いてくれない

音楽ライブラリを管理するためのソフトとしてiTunesを利用しているのですが、どうも駄々っ子で困ります。言うことを聞いてくれないのです。

私はサブスクリプションの音楽再生プログラムに懐疑的でして、突然それまで聴けていた楽曲が聴けなくなると言うことが契約上あり得るというのが許せません。なので、ライブラリにMP3なりAACのファイルを登録しています。新曲はサブスクリプションで聴くとして、レンタル開始したら速攻借りてきてリッピングする。そういう形にしています。もちろん、サブスクリプションにもレンタルにもなかなか出てこない楽曲は購入します。楽曲をリッピングした後は、原盤を売り払う(ヤフオク!など)こともありますね。次の楽曲の原資にするためです。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで登録するMP3/AACファイルの数はけっこう多くなるのですが、その多くが次のような症状を呈して困っているのです。

  • 新規登録した楽曲が4分と少し(正確には4:18)で再生が終了してしまう。
  • その楽曲をffmpegなどで再エンコードしてやると、上記症状は消えることが多い(全てではない)。
  • CDからiTunesとは別のプログラムでリッピングしても途切れてしまう症状は出現する。
  • iTunesの「情報を見る」からエンドポイントを書き換えても上記症状は消えることはない。

楽曲は、再度エンコードすることで、良くなる場合があることから、iTunesが楽曲のエンドポイントを誤認識するのが原因と思っています。実に困ります。この症状、昔の楽曲には現れていないんですね。iTunesは都合により何度か入れ直しを行っています。入れ直しを行うと、それまで症状が出ていた楽曲も途切れることなく再生してくれるという謎もあります。

じゃ、ある程度たまったらiTunesを入れ直しすればいい。確かにそれはその通りなのですが、39,000曲を超えるライブラリを再認識させるのは手間ですし、入れ直しにはそれなりのリスクもあります(iTunesが引っ張ってきたアートワークは入れ直しで再度やり直しになり、そのときに楽曲が契約外になったりするとアートワークがなくなってしまう)。何より時間がかかります。

何とかならないものでしょうかね。あちこち調べているのですが、再エンコードは見つかりますが、根本的な解決になりません。困ってます。iTunes以外のライブラリアンに移ることも解決になるのなら考えようと思ってます。


「『全日空』のCMに出たんだけど、『見たよ!』っていう人は街でフンドシ一丁で『見た』って言ってほしいんだ」

高田純次