「vnc」タグアーカイブ

ようやくVNCサーバー起動

長かった。Mac mini2009上で動く、PeppermintOS上でVNCサーバーが起動しました。色々やった結果ですが、私が偉いのではなく参照先のホームページ主が素晴らしい。ありがとうございます。

参照したのは、「Ubuntu 18.04 LTSでのx11vnc設定手順」です。PeppermintOSはUbuntuをベースに作られているので、Ubuntuの情報が役に立ちます。更に、結構新しいので最近の情報が必要になるのですね。その点、Ubuntu18.04での情報ですから問題ないですね。

これまでは別のVNCサーバーである vino というのをいじっていました。これ、うまくいかないんです。デフォルトでインストールされているのですが、うまく作動させられませんでした。私の力不足なんですけどね。

今回使ったのは、x11vnc というサーバー。ログイン画面から共有できるらしいです(そこまでまだ確認していない)。私の要望は、PeppermintOSのデスクトップを共有することなので、全く問題ないです。

基本的に上記参照ページの手順通りにやればつながります。


芸術とは目に見えるものを写すことではない。見えないものを見えるようにすることなのだ。

クレー

PeppermintOS インストール

昨日の続き。Mac mini2009にPeppermintOSをインストールする。昨日はインターネットにつながらず、四苦八苦していましたが、これは何とかなりました。

ネット接続成功

昨日はネット接続がうまくいかなくて、お手上げ状態だったのですが、整理してみました。

  • ハードウェア的にはイーサーネットのエラーは出ていない。
  • インターネットはおろかローカルネットワーク内にもアクセス不能。
  • Infoを見てみると、IPアドレスが振られていない。
  • サーバーは指定のMACアドレスにIPアドレスを振っている。

どうも、Mac mini2009とDHCPサーバーとの間のトラブルに思えます。DHCPサーバーには、固定アドレスでアクセスできるようにMACアドレスに応じてIPアドレスを振るように設定していました。ここがおかしいのではないか? と考えまして、MACアドレスの設定からMac mini2009は外しました。

そしてMac mini2009をリスタート。ネット接続が通りました。良かった。

固定アドレスにするための設定がおかしかったと思われますが、じゃ固定アドレスに出来ないじゃん。それはそれ、考えます。

SSH&VNCサーバーの設定へ

SSH・VNCサーバーを起動させれば、メインマシンであるiMacから操作できます。まずはSSHから設定。

Ubuntuでsshdの設定をしてリモートから接続できるようにする を参照して設定しました。このあたりは他のマシンともやっていたのでまずはOK。無事接続できました。

加えて、このsshdを起動時に自動起動させるために、systemctl を使ってsshを登録。systemctl enable ssh.service これでOK。

問題はVNCサーバーの設定。色々なホームページを見ながら作業するも、それぞれ微妙に違う。そしてサーバーは起動しているように見えるのだけど、クライアントから接続できない。おかしい。この辺はちょっとまた整理してみようと思う。基本的にLinuxなんで、ssh接続が出来れば何とかなる。


私は人間である。こと人間に関するかぎり自分に無縁なものはないと思われる。

プリニウス