「自作PC」タグアーカイブ

体感速度は iMac が上だけど

シネベンチ R20 を私の iMac と自作の i5 で動かしてみました。体感速度的には iMac が上なんですが、 CPU で比較するとほぼ同じという結果になりました。

自作 i5
iMac

自作 PC の方が 1833pts 、 iMac の方が 1854pts 。ほとんど誤差の範囲内です。先ほども書きましたが、体感では iMac が上なんですね。なので少し意外な結果でした。

よくよく考えてみれば、 iMac の方は i7 7700(4cores/8threads) 、自作の方は i5 8400(6cores/6threads) 。 CPU の世代としては自作の方が一世代新しく、コア数も増えています ( スレッドは iMac の方が上ですけど ) 。以外だったので、自作の方はもう一度やってみたのですが、 1857pts と iMac を上回ってしまいました。まぁ、この辺は誤差ですね。

CPU 性能としてはほとんど同じということになったのですが、 OS が違いますよね。 OS に対する慣れの問題もありそうです。 macOS の方が私にとって身近な存在ですから、体感が変わって感じられるのかもしれませんね。最近では 2 台を並べて使っています。 iMac がメインであることは変わらないのですが、 Windows10 の方が便利な部分もありますのでメイン・サブの差は小さくなってきているかもしれませんね。


大半の聴衆が興味を抱くのは、音楽ではなく音楽家である

ローラン

AMD の Ryzen 第3世代発売日

Mac に Ryzen が搭載されて価格が安くなる。なんてことは無いんでしょうね。 Ryzen の 3000 番台が本日発売になりました。

自作 PC を始めてから気になっていたのは、 Ryzen のことだったんですね。価格の安さと多コア。今回の 3,000 番台もかなりコストパフォーマンスは高そうです。今日の発売日に購入する人はとにかく早くベンチマークを回したい人たちなんじゃないでしょうか。私はもちろんそんな早く欲しいと思ってはいなくて、もう少し様子を見て価格がこなれてから購入したいなぁと思ってます。

これまで、 3 台の PC を組んで使っていますが、全部 Intel 製です。 AMD 製の PC はこれまで作ってきませんでした。別にどうしても Intel でなければならないという気持ちがあったわけではありません。たまたまそうなっていた。そして情報が多かったのが Intel の方だったということですね。

まだ、ご祝儀相場である感は否めませんよね。それでもけっこう安く感じます。もう一段安くなってくれればマザーボードとともに購入することにしようかと思っています。ただ、マザーボードに関しては注意が必要ですね。 Ryzen の 3,000 番台を使うためには BIOS の書き換えが必要になるそうですが、これまで店頭に出ていたマザーボードに関しては、 BIOS の書き換えが終わっているものにはシールの貼り付けで対応するそうです。店頭在庫で BIOS の書き換えが終わっていないものを購入してしまうと、自分で書き換えしなければならないわけですよね。 BIOS の書き換えを失敗すると最悪メーカー修理、それもおそらく有償修理になります。私みたいな初心者はできるだけ手を出さない方が安心ですね。 BIOS の書き換え自体はそれほど難しくないとは思いますけど …

某家電量販店では PM7:00 の解禁時間を待たずに、フライング販売したとか。ペナルティー無いんですかね。まぁ、数時間違ってもどうなるものでもないと個人的には思いますけどね。


なにもすることのない人はいつも誰よりも忙しがっている

フランスのことわざ

ベンチ台で最小限構成 PC

先日まで Windows10 を動かしていたマザーボード& CPU をベンチ台で運用し始めました。

構成は次の通り、

OS は Windows10 ではなく、 PeppermintOS を入れることにしました。 Linux 系のデストリビューションです。無料で使えるのがいいですね。そもそも論で、何に使うのか? え〜、実はあまり決めていませんでした。写真を見てもらってもわかる通り、ヘッドレスでの運用です、ハードウェアを購入した際のテスト用に考えていますが、ジャンク・グラフィックボードのテストが最初の仕事になるかもしれませんね。

普段使いならこれでも十分です。いい時代になりました。


恩恵を施す者はそれを隠せ。恩恵を受けるものはそれを公にせよ。

セネカ

自作 PC

自作 PC をアップグレードしました。という記事をこの間上げたばっかりですが、システムを入れてある C ドライブが 60GB という小容量 SSD なもので、どうも調子が悪い。 M.2 SSD を入れることにしました。

Mac だとハードウェアの拡張は事実上できません。しかし、自作 PC の場合はいくらでも拡張できますね。これは癖になります。 Amazon さんを覗くと自作 PC のパーツがいくらでも揃います。私が住んでいる新発田という町にはそういったお店がないので、 Amazon さんになってしまいます。 M.2 SSD も Amazon さんから送ってもらいます。明日届く予定です。

M.2 SSD にも SATA 接続と MVNe 接続の 2 種類あるのもぼんやりとしかわかっていませんでした。 MVNe の方にしたわけですが、理論値で 4GB/s とか言われてもピンときません。 SATA 接続の理論値が 600MB/s ですからとんでもねぇ早さだと言うことしかわからないわけです。

PC の頭脳というべき CPU が i5 なんで最速とは言えませんが、今使っている SATA の SSD だって十分な速度を持ってます。少なくとも体感上は両者に違いを見いだせるほどの使い方はしていません。自己満足の世界ですね。さすがにこれ以上お金をつぎ込むのはちょっと考え物なので、このぐらいでやめておきますが、自作の楽しさに目覚めてしまった感じですね。

ただ、普段使いのパソコンというと Mac になってしまいます。 Windows10 も使ってみるといろんなコトができて大変いいのですが、節操がないのは苦笑するしかないですね。あと、できるのだろうと思いますが、画面表示の文字が汚いのはダメです。長く見続けることができませんね。ある程度大きい文字ならそれでも大分ましなのですが、小さい文字になると途端にドット文字になってしまうのは何とかできないんでしょうかね。細工すればきっとできるんでしょうが、細工しなければできないのはいけませんね。やっぱ Mac がいいです

毎日仕事で使っているのは Windows7 。アップグレードしたマシンは Windows10 。微妙に操作性が違うのもちょっと困ります。まぁ、 Windows10 にしかできないものもありますので、そっちの方で使っていきます。


わが国のすべての問題に対する答えは、世界のすべての問題に対する答えは、ただひとつの言葉に帰着する。それは教育である。

リンドン・ベインズ・ジョンソン