「用語集」タグアーカイブ

基礎の基礎 Analytics 用語集( 2 )

ディメンション、指標

さて、わからなくなってきましたよ。ディメンションと指標。何ですかこれは?

指標:分析で見たい数値のこと。ユーザー数、セッション数、ページビュー数、離脱率などなど。

ディメンション:分析区分、切り口のこと。指標を見る際の切り分け方を示すのがディメンション。ユーザータイプ、参照元、デバイス、ブラウザの種類などなど。

これは、実際に Analytics の画面を見るとよく分かる。分析区分が左側にあり、分析値が右に表示される。左側がディメンション、右側が指標。 (._.) φ

ここまで来るとちょっと面白くなってくる。コンバージョンを考えなければならないのは当然として、今まで見えていなかった数字が見えてくる。絶対値としての来場者が少ないのは置いておいて、来場者の特徴が見えてくる。う〜ん、これまでの私は何だったんだろう。

カスタムレポートの作り方も載っていたので、ディメンション、指標を設定してみてみようと思います。


私はこの自己本位という言葉を自分の手に握ってから大変強くなりました。彼等何者ぞやと気概が出ました。

夏目漱石「私の個人主義」

基礎の基礎 Analytics 用語集( 1 )

ページビュー・セッション数・ユーザー数

ページビュー (PV) :ユーザーに関係なく閲覧されたページ数

セッション数 (ss) :ユーザーが訪れた数 ( ※ )

ユーザー数 (UU) :個別のユーザーが Web ページに来訪した数 ( 重複はノーカウント )

※  1 つの来訪で 1 セッション。その後、約 30 分のインターバルがあっての際来訪があった場合 2 セッションとカウントするらしい。

セッション数がちょっとわかりづらいッス。

参照元、閲覧開始数、直帰率

参照元:来訪者がどこから来たか。 Organic: 検索エンジン経由、 Referral: 他のサイトなどのリンク、 Social:SNS などから、 Direct: ブックマークなど直接

閲覧開始数: Entrances 最初に自分のページにやってき来たときのページビュー数

直帰率:そのページを見て、すぐ帰っているのが何%あるかの率

直帰率の説明でこんなのがあったので転記。直帰率が高くなってしまう原因

  • 必要とする情報がなかった場合
  • 次の行動を促すものがない
  • サイトが使いづらく、情報が見つからない
  • ページの読み込みが遅い

最後が気になった。確かに読込が遅いサイトはサッサと帰ってしまうことが多いように思う。そういう意味でも PageSpeed 重要ですね。

離脱率

離脱率:さっきの閲覧開始数の Entrances の逆、どこを見てサイトを離れたか。


現実の自分がもしかしたらなれたかもしれない自分に悲しげに挨拶をする

フリードリッヒ ヘーベル