「成功」タグアーカイブ

Raspberry Pi で WordPress を動かす

やったことのメモ。七転八倒。疲れた。

  1. Apache2 のインストール 
  2. PHP7.1 のインストール 
  3. MariaDB のインストール
  4. データベース設定 
  5. WordPress のダウンロード・解凍 
  6. WordPress の設定
  7. ルーターの設定

まずはここまで。順に説明していく。

1.Apache2 のインストール

これは簡単。

sudo apt-get -y install apache2

2.PHP7.1 のインストール

これはちょっと面倒。まず、リポジトリを追加する。 /etc/apt/sources.list に以下を追記する。

deb http://repozytorium.mati75.eu/raspbian jessie-backports main contrib non-free

続いて dirmngr をインストールする。実はこれ、次の手順(リポジトリのキーの設定)をやったら怒られたので、慌てて追加した手順。

sudo apt-get install dirmngr

準備できたので、リポジトリのキーを設定する。

sudo gpg --keyserver pgpkeys.mit.edu --recv-key CCD91D6111A06851
sudo gpg --armor --export CCD91D6111A06851 | sudo apt-key add -

やっと PHP7.1 のインストール。

sudo apt-get install php7.1

更に追加のモジュールをインストール。

sudo apt-get install php7.1-cli php7.1-gd php7.1-mysqlnd php7.1-pgsql php7.1-mcrypt php7.1-dev

3.MariaDB のインストール

これ、引っかかったヤツですね。前のエントリを見てもらうとわかりますが、一度バックアップから戻りました。 MySQL をインストールしても MariaDB がインストールされます。メッセージはなし。メッセージぐらい出して欲しいよね。

sudo apt-get -y install mysql-server php7.1-mysql

MySQL をインストールしてるけど、入るのは MariaDB 。

4. データベース設定

MariaDB は癖があって、ルートの扱いが雑。ルートパスワードは””( null )。データベース作成まで一気に行きます。

sudo mysql -u root -p
(MariaDB) CREATE DATABASE <データベース名>;
(MariaDB) GRANT ALL PRIVILEGES ON <データベース名>.* TO <ユーザー名> IDENTIFIED BY <パスワード>;
(MariaDB) exit

< データベース名 > 、 < ユーザー名 > 、 < パスワード > この 3 つは後で使うので忘れないようにメモしておきましょう。

5.WordPress のダウンロード・解凍

6.WordPress の設定

ここからはいつものパターン。 Raspberry Pi だからといって特に変更はない。所定のパッケージをダウンロードして解凍。上でメモした < データベース名 > 、 < ユーザー名 > 、 < パスワード > を php-config.php に書き込んで … という手順。ここはネット上にたくさんあるので省略。 Apache2 のデフォルトフォルダは、 /var/www/html/ なので、ここに展開する。

7. ルータの設定

これはルータによって微妙に違うと思う。

私のルータの場合

要するにポート 80 番を今回の場合 Raspberry Pi の IP アドレスからだけ通す設定にした。

まだ何にも記事を書いていないけど、 WordPress が立ち上がってくれた。これをあらかじめ用意したドメインで運用することにする。ところで、 DynamicDNS って数が減りましたね。以前はけっこうあったと思うんですが …  今回は MyDNS さんにお願いしています。 Mac の場合(というか私の環境では)、 wget を使って BASIC 認証で IP アドレスの通知を行うと、 IP6 の方を通知してしまう。これでちょっとはまった。

www.mydns.jp への通知だとそうなってしまうので、 ips4.mydns.jp/ips6.mydns.jp と言う具合に 2 回に分けて IP4/IP6 を明示して通知するようにした。後は、 launchd に登録して終わり。しかし、 plist は書きにくい。専用のソフトを探している。 Xcode のヤツは使いにくくていかん。情報があったらお願いしたい。今回は mi.app で行った。

OrigamiPay 今度は成功

この間、吉野家の OrigamiPay の支払いに失敗した話を書きましたが、リベンジして成功したことを報告させていただきます(笑

前回の反省を踏まえて、若干緊張しつつ「折り紙ペイで」と告げると、「オリペイですね」との返答。そうか、オリペイなんて省略してもつながるんだ。まぁ支払いそのものは全く問題なし。

ただ、次も使うかと言われると長い返事になってしまいますね。今は吉野家で 190 円 OFF のキャンペーン中ですから使いましたが、そうじゃなかったら Suica でいいかな。キャンペーンじゃなかったらそれほどのインパクトはありませんね。吉野家のヤツも期間短かったですね。もっと長ければもう1度ぐらい使ったと思います。交通系のプリペイドカードも吉野家で使うことが出来るようになったので、そっちを使うことになるんじゃないかな。吉野家プリペイドカードも出来ていましたが、プリカを複数持つ意味はあんまりないなぁと思うのですよ。といっても私、 nanaco 、 Suica 、 d カード・プリペイドの三種類持ってますね。 d カード・プリペイドはたまたま作って入金しちゃったんで持ってるって感じで、入金した金額を使い切ったらやめちゃいます。 nanaco 、と Suica はそのまま使い続けるかな。

LINE Pay なんてのもありますね。使う気はありませんが、 LINE は使っているので、個人間送金とかで使えるならもしかしたら使うかも。 Pay Pay は言葉の響きが悪いので使いません。群雄割拠ですが、何が生き残るんでしょうね。


お互いに手をつなぐ時にも間をあけよう。

カーリル・ギブラン

ようやく VNC サーバー起動

長かった。 Mac mini2009 上で動く、 PeppermintOS 上で VNC サーバーが起動しました。色々やった結果ですが、私が偉いのではなく参照先のホームページ主が素晴らしい。ありがとうございます。

参照したのは、「 Ubuntu 18.04 LTS での x11vnc 設定手順」です。 PeppermintOS は Ubuntu をベースに作られているので、 Ubuntu の情報が役に立ちます。更に、結構新しいので最近の情報が必要になるのですね。その点、 Ubuntu18.04 での情報ですから問題ないですね。

これまでは別の VNC サーバーである vino というのをいじっていました。これ、うまくいかないんです。デフォルトでインストールされているのですが、うまく作動させられませんでした。私の力不足なんですけどね。

今回使ったのは、 x11vnc というサーバー。ログイン画面から共有できるらしいです ( そこまでまだ確認していない ) 。私の要望は、 PeppermintOS のデスクトップを共有することなので、全く問題ないです。

基本的に上記参照ページの手順通りにやればつながります。


芸術とは目に見えるものを写すことではない。見えないものを見えるようにすることなのだ。

クレー