會澤 のすべての投稿

クリティカル・アラート

せっかくくみ上げたFreeNASマシンですが、一度ばらさないといけないようです。FreeNASのシステムが、クリティカル・アラートを出していました。注意が必要な警告とでも訳せばいいのでしょうか? 画面の隅っこで赤いランプのアイコンが点滅しているのでクリックしてみたら、disk1のS.M.A.R.T.がすぐにバックアップを取るべしと警告している(実際のalertは英語、まぁいわゆる意訳)。と言うもの。

使っているハードディスクはすべて手元にあった中古品。エラーが出てもおかしくないわけで、仕方ありませんね。他にも、disk3が使えるセクターがいくつですよという警告もあって、一部にエラーセクターがある模様。これはエラー回避できてるわけだから使おうかな。

と言うことで、ハードディスクの組み替えが必要のようです。中古のハードディスクはまだあるので、組み替えてみることにします。

FreeNASをインストール

光学ドライブを搭載していないので、USBメモリからのインストール。さらに、インストール先はUSBメモリ。と言うことで、2本のUSBメモリを用意。一本にFreeNASのホームページからダウンロードしたFreeNAS 11.0のISOをコピー。

もちろん、ただコピーするだけではダメなので、ターミナルからddコマンドを使って書き込み。この辺はたくさん情報が載ってますね。MacOSX上でISOファイルからインストールUSBディスクを作る – re:inventing the wheel なんていうBlogを参照しました。FreeNASの場合、8GのUSBメモリで十分です。

で、このUSBメモリを起動ディスクに指定して、システムを起動させます。さらに、もう一本のUSBメモリを差しておいてそこに実際のシステムを書き込みます。こちらも8GのUSBメモリでいけるらしいという情報がありましたが、16GのUSBメモリを用意しました。こちらでFreeNASのシステムが動くので余裕を持たせました。

後は後者のUSBメモリから起動させてやれば、FreeNASが起動します。

起動しますが、ConsoleにはConsole Setupの画面が出てきます。あれ? ここでGUIに変わるんじゃなかったっけ?

違います。GUIセットアップは、Webインターフェースの方でした。Console SetupにIPアドレスが表示されますので、それを別のコンピュータから見るのですね。焦りました。

さらにここで問題発生。ハードディスクはとりあえず4台入れてあったのですが、そのうち一台しか認識していないことが判明。わからないまでも怪しいのはSATA電源コード。3−1だったんです。つまり、1本のSATA電源コードに3カ所のコネクタがついているタイプ。これを別のものに交換したところ見事に認識。コードに問題があったんですかね。

そんなこんなで、インストールは無事完了。ハードディスクも4台ちゃんと認識してくれました。後は設定ですね。

WebDAVでlolipopサーバーに接続

macOSはWebDAVアクセスができるんでしたもんね。忘れてました。

実は愛用していたFTPクライアントはCyberduckというやつだったんですが、最近使ってなかったんですね。そしたらなんか変わっちゃって、ロリポップサーバーと接続できなくて困ってしまってたんです。ロリポップサーバーはWebDAVの機能も持ち合わせていたんですね。それを見て「あれ? そういえばmacOSにもWebDAVの機能あったよな」と思い出しまして、やってみたら快適快適。今まで苦労していたのは何だったのよ。という状態。

リクエストがあればやり方を説明しますが、Finderの「サーバーに接続」からできますのでやってみてください。簡単です。

WebDAVといえばiCloudもWebDAVを使ってますね。FTPに比べて不安定と言われてきましたが、そんなことないと思ってます。安定してますよ私の環境ではね。Cyberduckとはさよならしてもいいかもしれない。

WordPressのフォントを変更

いやね、Google Fonts+ってやつを使ってみたかったんですよ。

いわゆる、Webfontってやつね。私が使っているテーマでは明朝体がデフォなんですが、これをゴシックに変えたかったんです。Webフォントはネット上からロードするときに時間がかかってしまいますが、それさえ目をつぶれば、どこからでも同一の見た目になります。これ便利。

ただ、私が使っているテーマは、WordPressデフォのテーマの子テーマなんですね。それを変える。孫テーマを作るのが本筋ですね。今回は孫テーマにせずに直接書き換えてしまいました。うまく変わっていると思うんですけどどうでしょうね。

孫テーマの件は、追々と。

ハードオフには目指すものはなし

SATAケーブルが不足しているので、ハードオフに中古があるかどうか見に行った。見に行ったけど、目指すものは全くなし。無理もないかなぁ。

ハードオフには昔、DOS/V機を多く置いていた印象があったんだけど、最近は置いてなかったっすねぇ。PCもMacもほとんど置いてなかった。方針変えたのかな。特にMacは、G5のPowerMacが5〜6台。MacBook系があるかと思ったらゼロ。Macは売れないのかしら? それとも入荷するとすぐ売れるとか。

パーツもなくなってたなぁ。パーツらしいパーツはなかったように思う。そのままJoshinに行こうかと思ったけど、あまり売ってないイメージなんだよなぁ。パーツがらみは新潟市まで行かないとダメだよなぁ。週末になるな。

週末は衆議院選挙なので、その前に期日前投票しておかないとだな。

CPU&メモリ取り付け

PCの自作は初めてだったりします。今まで中古のDOS/V機を購入したりして使っていたことはあるんですが、自分でCPUを乗せるところから始めるのは、初めてです。このウェブサイト(インテルCPUの取り付け方(Skylake) – My life with PC)を見つけていたので、不安無く作業できました。まだ電源につなげていないので、完全に問題ないとは言えませんが、まぁ、大丈夫でしょう。

さてどうなりますか。お楽しみに!

メールが壊滅状態

深夜にブログ更新。

うっかり変なサイトにメールアドレスを登録したら、ここぞとばかりにスパムが届くようになった。捨てアドレスなので、アドレスを変更すればそれでOKなのだが、迂闊だったなぁと反省。

届くメールは、何億円当たりました!とか、あなた「だけ」に儲かる話を教えます。みたいなメールがほとんど。そういうメールに反応する人はいるんだろうか。まぁいるから盛んにやってるんでしょうね。

さて、日が変わって今日の夕方、マザーボード&CPU&メモリが到着する。組み立てるのは週末の楽しみに取っておくとして、細々としたケーブル類などがないので、何が足りないのかをリストアップしなきゃです。

FreeNAS今後の予定

  • マザーボード&CPU&メモリをケースに組み込み、BIOSチェック。
  • ハードディスクを6台ケースに組み込み。
  • FreeNASをUSBメモリにロード。
  • USBメモリからの起動でFreeNASを立ち上げる。
  • ネットワークに接続し、各種設定を行う。
  • データをロード。

さてゆっくりいきますが、どこまでかかるでしょう。

ケースと電源もらった

自作PC用にケースと電源をもらった。マザーボード&CPU&メモリはAmazonに発注した。細々としたケーブル類などは必要本数を見極めて購入する。

で、何のために自作PCを作るのかというと、完全に興味の領域で、FreeNASという専用OSを使ってみたいというところから。NASを作るためのOSってことでわかる人はわかるかな? わからない人はリンク先のWikiを参照していただきたい。

自宅にはホームサーバ(iTunes・Torrents)になっているMac mini君もいるし、ネットにつながったNASもある。にもかかわらず、FreeNASなんぞにうつつを抜かしているという馬鹿者が私だったりする。すでにHDDは新旧併せて6台も用意して万全の体制を取っていたりする。自分のことながら、ホントに困ったものだ。

心機一転

Elanさんにそそのかされて誘われてblogを再開することにした。

再開するにあたって、これまでの混沌としたblogはいったんリセットして一から新たに始めようと思う。これまで、何かあったら書いていたものとは違い、日記形式で毎日書くことを原則としていきたいと思っている。ただし、とにかくムラッ気がある私のことなので続くかどうかが問題。楽しみにしていていただきたい。

WordPress以外の選択肢もあったのだが、どうも使い勝手が悪く、結果出戻る形でWordPressを選択した。テーマは、サイドメニューがないタイプ。ヘッダー画像は気まぐれで変えるので、固定しないことにする。

カテゴリーに関しても、毎回カテゴリー分けで悩んでいたので、悩むぐらいなら無くしてしまえと言うことで、原則未分類でいく。

他にもなんか書くことがありそうだが、今回はこの程度で。