會澤 賢一 のすべての投稿

會澤 賢一 について

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。 突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

Page Speed Insights の点数が低い!

Google さんの PageSpeed Insights にちょっとはまり込んでいます。「 WordPress サイトの高速化」吉田哲也さんのブログなんですが、これを見て自分のブログでもやってみたのです。いけませんなぁ。モバイル 35 点 …

私のブログは、 Lolipop さんのスタンダード・プラン上にあります。より高いグレードのハイスピード・プランならレスポンスが改善されるはずですが、まぁそうも言っていられません。現状の状態でどのぐらい改善できるかやってみました。

まだ途中ですが、パソコン環境は 80 〜 70 点、モバイル 35 点って、落第ですね。

あまり考えずにプラグインを入れていった結果、プラグインを厳選することでパフォーマンスはある程度あがったようです。あとは画像。これもよく考えずに馬鹿でかい画像をそのまま上げていました (iPhone の画像でかいんですよね ) 。以前もいじってけっこう高い点数にしていた気がするのですが、すっかり忘れて色々手を入れて点数も下がっていました。

パソコン環境では 80 点台を、モバイル環境はせめて 50 点台にしないとなぁ。まずは画像に気をつけてやってみます。


「仲間を大切にしない奴はそれ以上のクズだ」

はたけカカシ「 NARUTO 」

ブログを上書きしてしまった! 復旧までの道のり ( その 3) 反省と教訓

トラブルが起きたときに、どうすればいいかを考えました。一応復旧した今。反省と教訓はしっかりしておかないと、また同じことを繰り返してしまうのです。

マジでバックアップ重要!

今回はバックアップがあったことで工数的にも、精神的にも大変メリットがありました。そもそもバックアップがなかったら復旧なんて考えられません。一つ一つのエントリをぜんぶ覚えているなんてあり得ませんからね。

データベースが無事だったのは不幸中の幸いでしたが、データベースのバックアップも持っていましたから、データベースが破損していたとしても何とかなったと思います。手順を踏んで一つ一つやっていけば、ブログの復旧作業は終わります。しかし、バックアップがなかったら復旧も何もありません。

私はプラグインを使っていましたが、 FTP クライアントを使ってバックアップを取ったり、 phpMyAdmin というソフトを使ってデータベースのデータをダウンロードすることもできます。バックアップしてない。という方はぜひ検討してください。

試行錯誤することも勉強の 1 つ

今回やり方はなんとなくわかっていたつもりでしたが、実際にファイルのリストアを行う段になって、いろんな問題が出て困惑しました。ですが、冷静になってどういう理屈で動いているのか想像しながら作業をすることで、なんとなく知っている。という状態から、理解している。という状態に昇華するように思いました。

ブログを書くだけではなく、その動きも冷静になってあーだこーだするのは、考えようによってはこれ以上ない体験の場だと思います。

道は 1 つじゃない 袋小路は避けて通ろう

その2でも書きましたが、うまくいかない時にそこに時間をかけずに、違う道を探ったのは結果的に正解だったと思います。ドツボにはまってるなぁ。とか、同じことを繰り返しているような気になったら、思い切って別の道を探ってみるのはいいことだと思います。

エラーが出ていてそれを突き詰めていけば、それも自分の身になるかもしれませんが、時間がかかりますよね。ブログを元通りにするという目標があるのですから、さっさと違う方向から道を探って解決する。これ重要だと思います。

反省点

  • アルコールは作業の妨げ
  • システムからのメッセージはよく読むこと
  • 慣れは失敗の元

アルコールは上手に飲めば潤滑油になりますよね。でも、細かい作業やサーバーをいじったりするときに“いい気分”で作業するとろくなことはありません。今回私の例ですね。高速バスの待ち時間に喫茶店でちょこちょこっとやるようなことではなかったですね。

Lolipop さんの簡単インストールという機能を使って失敗したのですが、これ Lolipop さんが悪いわけではありません。後で気がついたのですが、システムは「ここに WordPress がある可能性がありますよ」というメッセージを出してくれていました。それを私が無視して進めたことが原因になってます。

どんなことでもそうですが、慣れているというのはメリットでもあり、デメリットにもなります。ブログを上書きしてしまうなんて後から考えれば「ありえない」ミスなのですが、何回もやっている。今回も大丈夫だろう。これが危険。ホント危険です。

お世話になったプラグイン UpdraftPlus

UpdraftPlus は、バックアップと復元を簡素化します。 これは、世界で最高のランキングと最も人気のある定期的なバックアッププラグインであり、 200 万を超える現在アクティブなインストールがあります。 ファイルとデータベースのバックアップをクラウドにバックアップし、ワンクリックで復元します! 

https://ja.wordpress.org/plugins/updraftplus/

これはお世話になった ( なっている ) プラグイン UpdraftPlus の説明文の冒頭です。ワンクリックで復元します。というのは大げさではありません。ホントにワンクリックです。

今回このソフトによるバックアップがなかったら、サイトの復元なんてできませんでした。私は有料オプションを購入しています。有料オプションだと、

  1. 広告の表示がない
  2. 更新前の自動バックアップができる (これ便利です )
  3. スケジュールを決めてバックアップできる

などの ( 他にも色々ありますが、私がいいと思ったもののみ ) 利点があります。有料オプションはけっこう高い ( ※最初の年度 $70.00 、年次更新 $42.00) のですが、安心を買うというのを考えれば安いものだと思います。今回痛感しました

※プランによって価格は変わりますし、けっこう頻繁にディスカウントのオファーが来ます。


長くなってしまいましたが、経験しなくてすむなら経験したくないものでした。これを読んでいる皆さんは、ブログを上書きなんぞというとんちんかんなミスはしないで、素敵な WordPress ライフをお過ごしください。


罪とは魂を曇らせるすべてのものをいう

アンドレ ジイド

WordPress Tokyo 2019

参加してすぐに、ブログ喪失騒動を起こしてしまい。まだ整理できていないのですが、ザックリとした感想などを書き綴ってみたいと思ったりしております。

規模が大きいユーザーズグループそれだけじゃないんですよね。開会のオープニングセッションで説明された 100 % GPL の説明。 Free という単語は「無料」ではなく「自由」なんだと言うこと。最初っから飛ばしますねぇ。

サイトが消えてからでは遅い! 明日につなげる WordPress の保守管理

WordPress のセキュリティに関するセッションでは、

  1. 更新
  2. バックアップ
  3. セキュリティ

という話。今回、ブログを上書きしてしまったことで、まさにこのことを強く強く実感しましたよ。バックアップ重要!バックアップホント重要です。

初心者向け! WordPress で始めるアフィリエイト

アフィリエイトの話でも気づきがいっぱい。 Site Kit という Google 謹製のプラグインは、アナリティクス・サチコ等横断的にみられると言うことでした。今インストールしたのですが、アナリティクスでエラーが出ていてプロパティ作り直して設定しました。あんまりみてなかったので、これからしっかり見て「見てもらえる」ブログにしていきたいと思います。

オウンドメディアって何?〜これからのコンテンツマーケットを考える 45 分〜

4W1H ・ 4W2H  ここができていないと瓦解する。これ、別にオウンドメディアだけではないよね。表に出てこないだけ。普段の行動でも目的・ゴールの設計ができていないと浮遊する。 

私のツイートから

ブログやメディアを大きく育てていくには。始めるきっかけ・記事更新・ SEO ・コミュニティについて

ここでは名言をいただきました。「質より量より更新頻度」

ブログの更新頻度に関しては、もうねダメですよ。私の場合ね。反省と教訓がいっぱいのセッションでした。

WordPress と SSG(Static Site Generator) が織りなす、 WordPress ウェブフロントの新世界

ごめんなさい。このセッションわかりませんでした。技術的な方向に思いっきり舵を切ったセッションがあるのも WordCamp ですね。

また、書くと思います。刺激があったのは全てですね。今回は前回よりも刺激を受けて帰ってきました。 WordCamp Niigata を経験したのも大きかったと思います。セッションは公開されるはずですので、復習しつつ見ていきたいですね。


潜在機会の発見とその実現には、心理的な困難が伴う。確立されたものの破壊を意味するがゆえに、内部の抵抗を受ける。それはしばしば、その組織が最も誇りにしてきた能力の放棄を意味する。 

P ・ F ・ドラッカー

ブログを上書きしてしまった! 復旧までの道のり  (  その 2) 作業は難航

今回のトラブルにおいて、大前提になるのは、バックアップは取ってあったと言うこと。これがなかったら復旧なんて無理でした。私のバックアップ方法もこの記事の最後の方で書きます。今回は長くなりますよ。

データベース編

今回ダメかと思っていて、ラッキーだったのはデータベースに関してでした。私は、 Lolipop さんのスタンダード・プランというのに入っていました。このプランは、データベースが 30 個まで持てるようになっています。そして、それ以前にはライト・プランというデータベースが 1 個だけのプランに入っていたのです。切り替えたのはなんと1週間ほど前。 Lolipop さんの坂元さん ( ※ ) に相談してライト→スタンダードへの切替をしていたんですね。これしてなかったら、もっと大変だったはず。

というのも、簡単インストールの時にデータベースを新規で設定していたんです。 30 個使えるので、今まで使っていたものとは別のデータベースでいいだろう。と思って新規で設定していたんです。これ幸いしました。データベースは無傷だったんですね。

もちろん、 WordPress 本体とのリンクは完全にたたれています。これを復旧させなければなりません。

※ Lolipop さんの坂元さんとは、 WordCamp Niigata 2019 の時に知り合いになりました。どこでこういう縁ができるのかわからないものですね。

Core システムの復元  WebDAV 編

やっちまった当日はデータベースのことは頭になく、データベースも復旧させねばと思っていたので、自宅に戻ってデータベースが無傷なのに気がついて安心していました。もう復旧は終わったも同然。

ところがうまくいきませんでした。 Lolipop さんのサーバーは、 WebDAV が使えます。 Mac では WebDAV は Finder との相性がいいので、普通にファイルコピーでいけると思っていたんですね。

WebDAV は以前にも使ったことがあり、 Finder の「サーバーへ接続」メニューに登録してありましたので「全ての php ファイルをコピーすれば、 OK じゃん。楽勝!」ぐらいの勢いでした。バックアップを持っていることの重要性は、精神的にも楽になりますね。

さて、何がうまくいかなかったのかと言いますと、パーミッション ( 所有権 ) の問題なんですね。マルチユーザーシステムには、パーミッションというのが存在します。勝手に他人のファイルをいじったりできなくするものですね。 WordPress を使っていると、あまり感じませんが、 WordPress 本体は Linux というシステムの上に成り立っていることが多いです。そして、パーミッション ( 所有権 ) が意外に複雑だったりします。

Mac の Finder は「自分」が書込み・読込ができるファイルに関しては問題ないのですが、制限がかかっているファイルを処理しようとするとエラーを吐き出すことが多いです。今回もそれでした。何度やってもエラーを吐く。パーミッションのエラーであることは明らかなのですが、どこまでコピーが完了したのかはっきりしなかったりするんですね。いったん頭を冷やして考えました。

Core システムの復元  SSH 接続編

色々いじっているファイル群をそのままコピーできれば、即 OK になるのですが、ファイル群はいろんなパーミッションが絡んできます。バックアップシステムは、 UpdraftPlus と言うプラグインを使っていました。この UpdraftPlus をインストールしてしまえば、バックステップからのリストアもできるのではないか。いや、できるんです。そこで、 Lolipop さんのスタンダード・プランを思い出しました。

このプラン、 SSH 接続が使えるんです。1週間前まで使っていたプランだと、使えないんですね。ラッキーです。 SSH 接続が使えれば、プレーンな WordPress 本体をインストールできます。プレーンな WordPress 本体をインストールしてしまって、 wp-config.php ファイルを書き換えてやれば、 Core システムの復元ができると言うことになります。

このインストールに関しては、あっちこっちに書いてありますので、箇条書き程度にさせていただきますね。

  • curl で WordPress システムの tar.gz ファイルをダウンロード
  • 解凍・全てのファイルを所定のフォルダに配置 
  • tar.gz ファイルなど不必要なものを削除 
  • wp-config.php に以前のデータベースとの接続を記述

最後の「以前の」がミソです。この辺の情報もしっかり記録取っておくべきですね。 wp-config.php ファイルそのものを別にしておくのもおすすめです。今回は、ハッシュを新しくしましたが、しなくてもいいかもしれません。

ここまでして、管理画面に入ることができました。ブログ本体は実は真っ白で焦りましたけど。管理画面に入ってしまえば、先に述べた UpdraftPlus をインストールして、ログイン。リストアと順番に進めれば OK です。


UpdraftPlus はバックアップ・リストア用プラグインで、実際に使えるようにするためには、いくつかステップがあります。ありますが、情報もあるので導入は簡単だと思います。私は有料プランを購入しています。それなりの値段ですが、安心が買えると思えば安いと思います。容量を気にしなくてすむ OneDrive にバックアップを取っています。更に、週1で OneDrive のファイルを iMac のローカルディスクにコピーしています。具体的な内容についてはこれも別エントリにしますね。


ほのかなるさびしさありて身をめぐるかなしみのはてにいまか来ぬらむ

若山牧水

ブログを上書きしてしまった! 復旧までの道のり ( その1 ) なぜそんなことになったのか

WordPress の祭典。 WordCamp Tokyo2019 に参加させてもらいました。 WordCamp Niigata 2019 ではスタッフとして参加しましたが、今回は単純に参加者として参加しました。これについては詳しく別のエントリで書きますね。

WordCamp Tokyo 2019 にスポンサーとして参加していたムームードメインさん (footer にリンクがあります ) が、ドメインガチャをやっていまして、ガチャをやったら .jp ドメインの1年無料権をもらいました。こういうの嬉しいです。正直舞い上がっていたかもしれません。他のドメインならこうはならなかったかもしれませんが、一番高いと思われる .jp ドメインでしたのでウキウキしてましたね。

で、高速バスの待ち時間に早速ドメインを取得。 kaizawa.jp というドメインですね。 Kenichi AIZAWA で kaizawa です。メールアドレスなどでも使っています。順調です。

Lolipop さん (footer にリンクがあります ) のところで、いつもやっているように WordPress を簡単インストールしようとしたンですね。簡単インストールというのは、ドメインを指定して数クリックするだけで WordPress のインストールができるというものです。便利だし、楽なのでいつもブログを立ち上げるときには使ってます。

さて、察しのいい人はもうおわかりのように、このときにろくに確認しないままこのブログのドメインである「 smile-peace4.com 」を指定して簡単インストールを実行してしまったんですね。痛恨の極みです。完了のメッセージとともにメールが届くのですが、しっかり「 smile-peace4.com 」が指定されています。うめき声が出ましたね。


このブログは現在とりあえず復活しています。長くなるので、具体的な内容は次のエントリに書きますね。


誰かがあなたの不幸になることを祈っているとき、その人に力を与えるのは愚かなことです。最良の方法は彼らを笑い飛ばすことです。

マーフィー

Synergy を導入

これまで、 macOS や Windows10 に独立したキーボードとマウスを用意していた。しかし、あまりにも不便なので Synergy というソフトを導入してみました。

この Synergy というソフト、 Symless という会社が開発しているようです。「 Synergy-1 つのマウスとキーボードをコンピューター間で共有」こちらで配布がなされています。最近はサブスクリプションといって月ごとに料金を取るシステムが流行ですが、 Synergy は買い切りのようです。金額は $29.00(BASIC) 。現在のバージョンは 1.10.3 になっていますね。 Web 上ではバージョン 2 の話題も出ていましたが、一度発表した後、引っ込めたみたいですね。バージョン 2 は Web 上にはなさそうです。

さて私はこのソフトを macOS Mojave と Windows10 に導入してみました。

まず引っかかったのはソフトの購入段階。あまりクレジットカードを直接入力したくないので、海外のソフトを購入する際などは、 PayPal を使っています。今回も PayPal が使えるようになっていたため、当然のように PayPal を選択しました。しかし、ダメです。 PayPal と Web サイトトのやりとりがタイムアウトしてしまうように、エラーになってしまい。支払いに至りません。何度か時間をおいて繰り返したのですが、ダメなのであきらめてクレジットカードの直接入力に切り替えました。こちらはスムーズに支払い OK 。

さて、インストールなどは簡単なので省略(私は、 Synergy 1 - マウス・キーボード共有アプリのインストールと使い方こちらを見ながら行いました)しますが、インストール後にまた 1 つはまってしまいました。

ズバリ書いてしまうと、 macOS をインストールしてある iMac は 2 系統のネットワークに所属していました。 1 つは Wi-Fi ネットワーク。もう一つは Ethernet のネットワークです。別にこの 2 つ別々のネットワークではないという認識でいたのですが、何度やっても IP アドレスが小さい ( 我が家の環境ではの話です )Wi-Fi ネットワークを使って接続しようとします。 Ethernet のネットワークの方が安定すると思って ( 事実そうでした )Ethernet の IP アドレスで接続させようとするのですが、どうしても接続してくれません。そして、 Wi-Fi ネットワークだとエラーが起きて Windows10 との接続に至りません

仕方ないので、一度 Wi-Fi を切った状態で立ち上げて強制的に Ethernet をつかませてやりました。この状態では問題なく Windows10 との接続が成功します。原因は見えているのに、なかなかうまくいかず、イライラしたのは事実です。我が家の Wi-Fi ネットワークは少し複雑になっているので、それも原因かな。

ともあれ、非常に快適です。 $29.00 の価値は十分に感じられます。ソフトとネットワーク環境がきちんとしていれば、特別なハードウェアなしで実現している。これは大きいですね。もちろん、体感上は感じませんが、リアルタイム性が高いゲームをするというような用途では、おそらくダメでしょうね。遅延が起こると思います。

こんなに快適ならもっと早くからやっておけば良かった。


女房に愛される技術というものは発明されないものだろうか。

ラ・ブリュイエール

WordCamp Niigata2019

WordCamp Niigata2019 が来る 10/22( 火・祝 ) に長岡市のアオーレ長岡で行われます。私、至らぬながらもスタッフとして参加します。

昨年、 WordCamp Tokyo2018 に参加者として参加してから、 WordCamp って面白いなぁと思っていました。たまたま、新潟でも行われることを知りまして、当日スタッフの募集になんとなく応募していました。私なんぞに務まるのかなぁ。と不安はありつつも、楽しみにしております。

はじめての方へ – WordCamp Niigata 2019

昨年参加した東京はレベルがけっこう高かったと思いますが、今回の新潟は初心者でも楽しめるようなイベントになっているかと思います。ブログに興味があるというような人でも、大丈夫な講座もあります。

前売り製の有料イベントですので、チケットを前もって購入していただく形なのですが、想定来場者は 200 人 (2019/10/06 現在、残りは 74 枚になってます ) 。東京の規模に比べると圧倒的に小さいのですが、コンパクトであるが故にアットホームなイベントになればいいなぁと思っています。

こんな講座があります。興味がある方は、「参加登録 / Tickets 」にぜひアクセスしてみてください。


正しい結婚の基礎は相互の誤解にある。

ワイルド

Parallels 用外付け SSD

内蔵 SSD の容量が切迫してきたので、容量食ってる Parallels の VM(Virtual Machine) を外付け SSD に移すことにしました。

iMac の内蔵 SSD の容量は 512GB 。ユーザーデータの大半は外付けの HDD に逃がしているので、 512GB でも問題ありませんでした。しかし、 Parallels の VM をたくさん用意してしまうと、容量がどんどん少なくなっていきます。じゃ、他のデータと同じように外付けの HDD に移せばいいかというとそう簡単ではありません。 VM は頻繁にアクセスがあるため、遅いデバイスにあると如実に実行速度に出てきます。ハードディスクでは満足いく速度は出ませんでした。

そこで、手元にあった 2.5inchSSD を安い USB-C のケースに入れて外付け SSD にしてみました。もちろん、本体内の SSD の速度には及びませんが、それでも十分な速度が出ます。冒頭の写真がその速度を測定したものです。転がっていた SSD と安物の USB-C のケースですので、規格上の速度は出ていないのですが、体感上内蔵 SSD の場合と比べると若干のもたつき感はあるものの、 OK です。これならいけます。

ちなみに、 iMac の内蔵 SSD の速度はこれ。

内蔵 SSD の速度

さすがに桁が違いますね。早いです。ちなみに USB3.0 に接続した HDD の速度はこちら。

USB3.0 のハードディスク速度

これまた桁が違います。遅い方にですが。

VM は現在 7 つ。 macOS(Catalina では 32bit アプリケーションが起動しなくなるので、動作させるために現在のバージョンを保存 ) を含めて Linux のディストリビューションの実験用として Parallels の仮想環境を利用しています。使っていくと VM の容量は徐々に増えていきますし、実験用の VM はこれからも増えていく予定。これまでは内蔵 SSD の容量を気にして、ある程度使ったら消していました。これからはかなり保存しておける予定です。


お前たちのあの笑顔を見ることができたこと、あの笑顔は最高だったよ。あの笑顔が見られただけでも外泊期間を延ばしてよかったと思えたほどだ。心からの笑顔というものが、どれだけ人を勇気づけるかを知っていてほしい。

山崎章郎 

来来亭 新潟松崎店

毎週土曜日の昼はラーメンです。今まで記録を取っていなかったのでその記録です。今回は、来来亭 新潟松崎店のワンタン麺です。

私、今の今まで「未来亭」だと思ってました。「来来亭」なんですね。知らなかった。ところで私の中では、こちらのお店はややジャンク寄りのお店だと思っていたんです。黄色い看板がジャンク臭を漂わせているじゃありませんか。すごく失礼な話ですけど。

食べてみての感想は、美味しいじゃないか。でした。ホント失礼しました。

もちもちのワンタンはもちろんですが、ネギのシャキシャキ感もいいですね。細麺はこのスープに合っている気がします。細麺でゆで時間が短いせいか、注文から提供までの時間が短いのも好感が持てます。注文してからメールを見ようと思っていたのですが、すぐ提供されて見ることができませんでした。嬉しい誤算ですね。

背脂が入っていますが、脂っこいわけではなく、むしろさっぱり系の味わい。大変美味しくいただきました。


どんな天才も同僚たちとは違った角度で世の中を見るが、ここに彼の悲劇がある。

エリス「人生の踊り」

拡張カードが原因

FreeNAS の起動不良は、増設した拡張カードが原因でした。ハードディスクかと思ったんですが、見込み違いでした。現在は起動しています。

拡張カードというのは、マザーボード上の SATA ポートが不足したため、追加した PCIe の SATACard です。前の記事で“数時間このまま”と書きましたが、結局 3 時間ぐらいほったらかしにしておいたところで、なんとなく自分の見込みは違うんじゃないかと思って、ちゃんと動いていたときの状態に戻してみました。

というのも、電源モジュールを交換するときに、起動ディスクを USB メモリから SSD に変えていたんですね。それを USB メモリに戻してみた … 起動する。じゃ、 SSD が不良なのか? ふと思いついて SSD を違う SATA ポートに挿して起動してみる … 起動する。アレ? もしかして拡張カードが原因? 拡張カードを外してみるとちゃんと起動するんですよ。

拡張カードを戻してやると、データディスクとしては使えるけど、システムとして使おうとすると前の記事みたいになると言うことがわかりました。

仕方ないので、ディスクの構成を変えてシステムをマザーボード上の SATA ポートにつなぐ方法で安定動作させられました。データとして使っていたので、システムとして使えないとは思わなかった。 1 つ勉強させていただきました。


おかしいわよ、金持ちの人がお金でなんでも手に入ると思っているのは。あたし、そんなもの少しも欲しくない。好きな人とならどんな汚い部屋だってかまいやしない。気が向かなかったら、豪邸に住めっていわれたってイヤだわ。お金なんて……、そう、お金の上でダンスしてみせるわ、つばをひっかけてみせるわ。 

E ・ゾラ