メニュー ホーム

MacPro(2006)を大容量バックアップサーバーにする

夜にAmazonを見ていたら6TBのハードディスクがパッケージ破損とかで安くなっていました。ついうっかり購入してしまいまして、気がついたらMacPro(2006)にセットしていました。それも2台も!

6TBのハードディスクをRAID1(ミラーリング)で運用する

パッケージ破損の話は本当ですが「うっかり購入」は嘘です。もう1台は新品で同じSeagateをかなり確信を持って購入しました。届いたときには別の箱に入っていました。パッケージ破損の1台を見つけたときに「もう一台買ってRAID組んでみよう」と思ったのです。

MacPro(2006)にはUbuntuを入れてありますので、Ubuntuサーバー上でRAID1を組むことになります。バージョンも容量も違いますが、こんなサイトを見つけました。

この通りに行ったのですが、エラーも含めてまるっきり一緒でした。細かいところまで一緒でした。違いがあるとすると、MacPro(2006)では増設したハードディスクを/dev/sdbと/dev/sddとして認識していたぐらいです。

バックアップサーバーとして運用する

MacPro(2006)のXeonは正直かなり非力です。当時の最先端だったので、もう少しパワーを感じられるかと思っていたのですが非力です。ブログサーバーとしてはちょっとだったので、バックアップサーバーにしようと思っています。

メインのサーバーであるTrueNASサーバーの容量は5.2TB、今回作ったMacPro(2006)サーバーは5.5TBまるっきりコピーしても大丈夫です。しかし、実はTrueNASサーバーの方には見たら消す動画ファイルがたくさん入っています。これは除外してやるとバックアップ対象は2TBぐらいになります。これをコピーしておけば、万が一TrueNASサーバーが壊れてもデータは残る計算です。

他にもiMacに接続しているハードディスクのデータをバックアップする予定です。こちらはCCC(CarbonCopyCloner)を使ってバックアップ先として指定します。

MacPro(2006)の使い道が決まってよかった

いや、正直MacProを持つことは昔から憧れでして、保有できて嬉しかったんですね。漠然とブログサーバーにすればいいかなと思っていたんですが、いかんせん非力でした。CPUをリプレースしたとしても、MacPro(2009)のCPUボードが限界。やはり非力には違いありません。

電源を入れずに飾りにするにはちょっともったいない。どうしようかと思っていたところに、たまたまAmazonでパッケージ破損品を見つけたので、MacPro(2006)が6TBを認識するかどうかわからないまま購入したんですね。認識してよかった。

/mediaにマウントしている2つのHDDが今回のHDDです

自動でバックアップするスクリプトはこれから書くんですが、そんなに複雑なものにするつもりはないので、大丈夫でしょう。気が向いたらスクリプトもブログにアップします。


上のスクリーンショットで/dev/sdcで示されているのは250GBのHDDでmacOSが入っています。リスタートがうまくいかないときのための用心で入れているんですが、これ外してしまおうかなぁ。迷ってます。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Linux Mac

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください