メニュー ホーム

SDカードを“割った”

こういう間抜けなことをするのは、私だけでしょうか。多分私ぐらいでしょうね。

先ほど説明した、LCDケースにSDカードを入れたままケースを外したり、閉じようとしたりして力をかけました。どうなったかというと、アイキャッチ画像にもあるように、真っ二つになりました。ケースはSDカードを抜いて外したり閉じたりするように出来ています。SDカードを入れたままでは無理な力がかかるんですね。

内部で断線していたんだと思いますが、何度電源をON/OFFしてもRaspberry Pi OSが立ち上がらないんですね。どうもおかしいと思いまして、SDカードを抜いたら、真っ二つです。

このカード、16GBなんですね。基本的なデーターのやりとりはNASを経由するので本体の容量は16GB程度で十分なんです。でも、ストックなくなりました。仕方ないので、32GBのSDカードを使います。

いやぁ、割れるとは思ってなかった。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Raspberry Pi

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください