月別アーカイブ: 2018年12月

耐久テスト

MacBook Airのセットアップと耐久テストを実施。

基本的なセットアップを済ました後で、ターミナルを最小限カスタマイズしました。具体的には、Homebrew のセットアップ。そのHomebrewを使ってテキストエディタnanoをインストール。更に今回テストに使うffmpegをインストール。ターミナルのデフォルトテーマをProに変更してフォントをMenlo 14pt に変更。.bash_profileに

export PS1='[¥e[0;31m¥W¥e[m] $ '
alias ll='ls -al'

をセット。プロンプトの変更(1行目)、頻繁に使う ls のオプションを定義した。

他にも定義したいものはあるのだけど、まぁ徐々にセットしていくことにしてこのぐらいでいいかな。

ffmpegによる動作テスト

ffmpeg は動画などの作成・変更・フォーマット変更などに使うソフトですが、今回はWindowsで標準的なWMVフォーマットをMP4に変換してみた。

Optionはつけずに

ffmpeg -i target.wmv test.mp4

で変換。約3分のDA PUMPのU.S.A.を変換。4コアがほぼ95%位の使用率でほぼリアルタイムで変換終了。もっと早く終わるかと思っていたので、ちょっとがっかり。ffmpegのmp4エンジンは優秀だと思うのですけど、あの速い動きに変換が追いつかずにモアレが生じる結果になりました。あんまりいいテストじゃなかったなぁ。改めてテスト考えてみます。

で、昨日話していたマルチディスプレイですが、まずまず予定通りの仕上がりになっています。本体側のディスプレイよりも大きいディスプレイがちょうど上に来るようになってうまい具合です。

ただ、ディスプレイにちょうどいい1600x900の解像度を選択できないため、ちょっとずれた感じになっています。まぁ仕方ないと思ってあきらめることにします。


金銭は無慈悲な主人だが、有益な召使いにもなる。

ユダヤの諺

MacBook Air(2018)購入

なんと、高いから購入しないといっていたMacBook Airを購入してしまいました。新品で購入するという暴挙。財布が厳しい!

そもそも持ち歩き専用ならそれほどのパワーは必要ない。ということで、旧MacBook(2009)を使っていたわけですが、今回は中古ではなく新品。出たばっかりの新機種。いやぁ、何考えているんでしょう。

とりあえず今、MBAで入力しています。ちょこちょこトラックパットに手が触れていると思うんですが、ちゃんとキャンセルしてくれています。頭いいですね。キーボードの打鍵感はずいぶん変わりました。ペタペタした感じといったらいいんでしょうか。正直好きではないのですが、なれるのも早いです。今はまぁいいかな。という感じですね。

最新機種を購入して、持ち歩き専用。などといってる場合ではなく、持ち歩かないときでもそれなりに使わないともったいない。ということで、iMacのサブディスプレイをMBAと共用のサブディスプレイにして使い倒してやろう計画が進行中です。軽くて小さくて持ち歩きしやすいという特徴は、据え置き型としてはちょっと欠点になってしまいます。毎日会社に持ち込むことが出来れば、使い勝手もいいのでしょうが、仕事の都合で個人のパソコンは持ち込み禁止。持ち歩いて休み時間に使う分にはいいのかもしれませんが、現実的ではありません。

小物としては、USB-C VGA変換コネクタを買いました。これで、今あるディスプレイをサブにすることが出来ます。iMacのサブディスプレイを共用するので、切替機も注文中です。これで据え置き型としては、いちおうOKかと思ってます。

持ち歩くときのスリーブも欲しいな。いろんなタイプがあるんですね。新型のMBAは以前のものと比べると若干サイズが違うのかもしれませんが、design的には枯れていますので、旧型のスリーブも合致すると思われます。これは実際に手に取って確認したいので、店頭で見てみます。

新規購入の暴挙に舞い上がっています。仲間からは「欲望に正直」だと言われたりして。全くですね。使い倒してやろうと思っています。


目の前にある現実だけを見て、幸福だとか不幸だとかを判断してはいけない。その時は不幸だと思っていたことが、後で考えてみると、より大きな幸福のために必要だったということがよくあるの。

フジ子・へミング

MacBook君が壊れた

Peppermint OSを入れて使っていたMacBook君が壊れました。昨日に続いて壊れたシリーズですが、マジです。モバイル端末考えなきゃなぁ。

MacBook君(2009)が起動しません。充電出来ません。無理矢理起動したらディスプレイの一部が液漏れしてます。修理して無理矢理使うのはあきらめました。古すぎるので、修理しようにも自分でということになるでしょうし、パーツを集めるのにも苦労しそうです。そもそもパーツ高いですしね。

これも中古でオークションから購入したものですが、昨日のUPSと違ってしっかり値段以上の勉強をさせて頂きました。今まで使ったことがなかったPeppermint OSを勉強させてもらいました。今はMac mini2009上にPeppermint OSが稼働しています。これもMacBook(2009)のおかげですね。

壊れてしまったのは仕方ないのですが、これからのことを考えるとちょっと困ったことになったと思っています。それほど頻度が高いわけではないのですが、外にパソコンを持ち出したいことが年に数回あります。そんなときに使うマシンがなくなってしまったことになります。年に数回ですから高級なマシンは必要ありません。ChromeBookでもいいかなと思って見ているのですが、ChromeBookは変態キーボードが多くてダメっぽいです。MacBookの現行品は高すぎて却下ですし、MacBook Air/Proも機能的には無問題ですが、高すぎです。Windowsノートは安いものが出回っていますが、触手が伸びません。

でもやっぱりWindowsノーとかなぁ。考えています。


生命はいつでも定式を打破する。敗北は、その醜さにもかかわらず、己が復活への唯一の道であることを示すことができる。樹を創造するためには種子を腐敗にゆだねなければならない。私はこのことをよく知っている。抵抗の第一歩は、それが遅きに失した場合、いつでも敗れる。だが、それは抵抗の目覚めなのだ。おそらく一本の樹が、種子から生まれるように、それから芽を出すだろう。

サン=テグジュペリ

UPS昇天

10月にオークションで購入したUPSがわずか2ヶ月で昇天されました。送料別1,400円の勉強料は高かったのか安かったのか。

今日の昼パソコンを使っていたら突然電子音が響きました。iMacからではないし、他に電子音を発する機器はないと思っていたので、周りを見渡しました。設置してからiMacとハードディスク2台をドライブしていたUPSから出ていたものでした。

バッテリーの低下で交換を促すランプがついています。もちろんバッテリー部分を交換すれば元の出力に戻るのかもしれませんが、そのバッテリーが新品のUPSほどの価格になっています。UPSはバッテリーが命ですから、わからなくもないのですが、それなら新品を購入しようと思っております。現在使っているのは、中古ですし最近の機種に比べると大きさも大きい。バッテリー交換よりも新品の購入に充てた方が、資金も無駄にならないだろうと思ってます。

購入を考えているUPS

画像が購入を考えているUPSですが、まだ購入手続きはしていません。現在のUPSの下取りプログラムがありまして、それの問い合わせの返事待ちです。何にせよ、1度設置してしまうと何もなしだと不安というもの。さっさと結論を出したいと思っております。


音楽の演奏者や劇の俳優達は技術家である。彼らは芸術家でない。なぜといって彼らは真の「創作」をもってゐないじゃないか。

萩原朔太郎

ラーメン・メモ:ふじの 新津店

毎週土曜日の昼はラーメンです。今まで記録を取っていなかったのでその記録です。今回は、中華そば ふじの 新津店さんで味噌坦々そばを頂きました。

私の住んでいる新発田から車で45分。新津(新潟市秋葉区)にあります、中華そば ふじのさんに伺いました。11:30頃到着したのですが、店内はほぼいっぱい。カウンターが空いていたのですぐ座れましたが、私の次のお客さんは待ち行列に入っていました。人気店ですね。

初めてきたのですが、感じのいいお店ですね。頂いたのは味噌坦々そば。そばとは言っても中華そばのそばでして、担々麺ですね。ごまの風味はやや抑えめで、味噌味が立っている感じ。美味しかったです。特に、肉味噌はピカイチでしたね。

比較的細めの麺で、少しウェーブもあったかな。ちょうどいい感じです。浮いているラー油はもっと辛いイメージだったのですが、さほど辛くはありません。食べやすい感じですね。丼が下に行くほど細くなっているおしゃれなものでしたが、下に行くほどスープがすくえなくなってスープは全部飲みきれませんでした。私は全部飲む派なのでちょっと残念でした。

会計が終わって厨房にごちそうさまと声をかけたら、わざわざマスターが顔を出して挨拶してくれました。最近そういう店少ないので印象アップです。

ごちそうさまでした。またきます。


ジャーナリストは、真実でないと自ら心得ている事柄を語る。しかも、それをしゃべりつづけているうちに、真実になるかもしれないと願っている。

ベネット

ChromeとSafariで見た目が違う(解決)

表題そのままでして、Safariで見た感じが私が求めているものなんです。ヒラギノ丸ゴをフォント指定しています。しかし、Chromeの方では、明朝体のフォントが表示されています。キャッシュのクリアなどを行っているんですが、ヒラギノ丸ゴを表示してくれません。う〜む、なぜなんだろう。何とか表示を変えることに成功しました。

Chromeの解釈では、ヒラギノ丸ゴを指定しているにもかかわらず、「-apple- System」となっているんですね。それを変えることが出来ずにいます。なぜなんでしょう。

何時からかって言うと、WordPress5.0に変えたタイミング。もっと言えば、テーマが最新に変わってからでしょうか。きっと私が気がついていない何かがあるんでしょうね。気持ち悪いなぁ。

CSSの中で、ダブルクォーテーションとシングルクォーテーションを場所によって使い分けていたんですが、それをシングルのみに変えたらうまくいくようになりました。いや、それが直接の原因ではないと思うのですね。シングルクォーテーションに変える際に、書き換えを行ったのですが、それで何か入ってはいけなかったモノが削除されたのではないかと思っています。

念のため、いろんなブラウザで見てみたのですが、ほぼ自分の思うように表示できているように思います。IEは全くダメですけど…

ともあれ、何とかなったみたいです。一安心です。

ラーメン・メモ:満月(新発田店)

毎週土曜日の昼はラーメンです。今まで記録を取っていなかったのでその記録です。今回は、満月 新発田店さんです。

いろんな所に出店してますね。勢いがあります。月岡駅近くにも出店してます。今回お邪魔したのは新発田店さん。新発田中央高校の近くにあります。お邪魔したのは開店時間から15分ぐらい過ぎてから。二組待ってました。満席ですね。

5分ほどでカウンターに案内されまして、頂いたのはつけ麺。私、つけ麺好きなんです。辛つけ麺と悩んだのですが、ノーマルなつけ麺の方を頂きました。720円ですね。大盛り無料。大盛りは1.5玉と言うことでした。比較的細めの麺で縮れ麺。つけ汁は魚粉でしょうか。強めの味で麺をつけて食べるとちょうどいい感じでした。

店員さんも元気よく、気持ちのいい店です。難を言えば、カウンターが入り口に近いため、お客さんが出入りするたびに冷たい空気が入ってくること。扉は2重になっているのですが、残念ながら冷たい風は入ってきましたね。もともとコンビニの店舗を改装して使っているところなので、若干無理もあるのかもしれません。

味は満足。美味しかったです。ごちそうさまでした。


愛情と欲情が溶け合ったときには、恋愛はほとんど友情に近い穏やかさをおびる。

アンリ・ド・レニエ

姪の結婚式

明日(12月8日)は、姪の結婚式です。私も出席させて頂きますが、若い二人に幸あれと… いや、なんか面白いネタが転がってないかと興味津々で出席します。

そりゃね、可愛い姪の結婚式ですからお祝いするのは当然。うちは両親(爺婆)と私(伯父)の三人出席。包んでいくものもそれなりになっておりまして、いやぁもったいないなんとも言いようが無いじゃないですか。ネタを探してきますよ。

先方のお父さんはモヒカンだとか。結婚する姪の妹が余興で「あれ」を踊るとか。情報は入ってきておりますので、ネタは豊富かと思います。私は踊ったり歌ったりは苦手ですので、参加しません。歌うのは好きですけどね。好きと得意はイコールじゃありません。ネタを探しに行きますと言っておいて、ネタにされたら面白くありませんからね。

結婚式の案内板を作ったり、BGMを編集したりしたのは誰あろうこの私でして、色々やりましたよ。さて、どんな結婚式になるんでしょうか。楽しみです。


ひとはみんな自分は友だちだという。だが、それに心を許すのは気ちがいだ。友だちという名称ほどありふれた者はないし、その本物ほど珍しいものはない

ラ・フォンテーヌ「寓話」

Gutenbergのテスト

新しいバージョンが出てきました。これまで私の環境で出ていたバグっぽい症状がクリアになっているかどうか確認のエントリです。

cd /Volumes/LaCie/

よし! OKダナ。実は、コード入力において「/」(半角スラッシュ)を入力すると、自動保存でエラーになっていたんですね。新バージョンでは問題ないようです。これでコードを入力するようなエントリにも問題なくスラッシュを記入できます。

ブログ更新、最近サボってますが、また再開しますね。


いかに弱き人といえども、その全力を単一の目的に集中すれば必ずその事を成し得べし。

春日潜庵