Wi-Fiルーターを再び変更

バッファローのルーターさんが、よく分からないのですが、管理画面が表示されない(Wi-Fiルーターとしては機能している)という状況になりました。イライラするので取り替えることにしました。

いわゆる2重ルーターの状態になっていたようで、ルーターの管理画面IPアドレスが不正になっていたようです。ようです。と中途半端な表現になっているのは、原因追及を途中で放棄したためです。イライラして、それなら違うWi-Fiルーターにしちゃうもんね。となったわけです。

どうも私はバッファローと相性が悪い。一台あるHDDもマウント不正が起きるなどどうも調子が悪い。バッファローさんには悪いですが、もう使いません。

ということで、オークションで送料別1,000円で少し古い(といっても11acには対応している)Wi-Fiルーターを購入しました。バッファローさんにはいわゆるブリッジモードというのが明示されていませんでした。それは自動で認識するよ。ということだったようです(そうなってなかったと思います)。

そこで、ブリッジモードをしっかり明示してあるNECのルーターにしたんですね。思いのほか小さくてかわいらしいルーターですが、そこそこの速度は出ます。有線の速度は出ていますし、無線の公称速度はバッファローに劣るのですが、体感では変わりません。

そして何より情報表示のコンセプトが違うようです。というのも、バッファローさんの場合リビングなどに置いても違和感が無いようにと言う配慮からか、ランプの点滅は全くありません。データが来ているかどうかの確認が出来ないんですね。今どういうモードで動いているのかと言うことも、ランプを見ただけではわかりません。一方のNECさんの場合は、ランプがしっかり自己主張しています。データが入っているところは点滅しますし、モードもランプの色を変えて主張する。すごいのは上と横に同じ情報を表示するランプが1組ずつ用意されているというところです。

どちらが良くてどちらが悪いと言うつもりはありませんが、NECさんの方が好みです。バッファローさんのは最近の潮流なのかもしれませんね。

なにはともあれ、ブリッジモードでしっかり動いています。もちろん、管理画面も表示されます。ステルスモードにしてMACアドレス規制もかけました。設定はとっても不親切ですがw この子としばらくお付き合いしていきます。


一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである

ジェラール シャンドリ

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください