鹿の王

上橋菜穂子の小説、鹿の王。面白いです。私はKindleで読んでますが、こういう長編小説を気軽に持ち運べるのは電子書籍のいいところですね。文庫は4分割。ハードカバーは上下巻の長編小説ですね。

ここではストーリーを追うようなことはしません。実際に読んでいただきたいですね。架空の大陸を舞台に据えているので、ファンタジーというジャンルに属するらしいですが、ジャンルを超えて大変面白く読んでいます。Wikiはネタバレしてしまうので見ない方がいいです。私見てしまいましたけど…

この本に限らず、どこでもこれ一つでたくさんの本を読めるKindleってのはいい端末です。私が持っているのはペーパーホワイトモデル。最上位機種のオアシスはさらに軽いので欲しいですね。まぁ、不満は重いことだけなので、満足してますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です